■プロフィール

OLIVE

Author:OLIVE
沖縄と音楽と平和をこよなく愛するOLIVE。 
何気ない毎日に小さな幸せを感じます。
幸せって
人と人が繋がって生きていく 
その中に感じるものかも・・・
日々感じたことなどを時々かいてます。

■□■□■□■□■□■□■□■
主に、子育て中のかあさんたちの
悩みを共に考えていくサポータの
活動をしています。
お話をお聴きしたり、体をリラッ
クスさせるためのケアが中心。
必要な場合は、子育て勉強会も
行っています。
ボランティア(カンパ制)活動で
すので出来る範囲での対応となり
ます。            
※子育て以外の悩みもOK
※子育て中の親以外もOK
□■□■□■□■□■□■□■□
OLIVEプロフィール
「子育ては、一番のPEACE活動」がモットー。
IT関係の会社勤めの傍ら、PEACE・環境・人権関連の活動に関わりながら
主として子どもに関係する活動を行う。
H12年度より、学童保育の地域連絡協議会の活動に加わり、
H16年度会長17年度18年度相談役を努め、連協運営以外に指導員及び保護者から数々の相談を個人的に受ける。
心理学性格学等やボディケアの必要性を感じ、カウンセリング資格を取得。
ボディーサイコサラピーやボディケアのスタディを継続中。
子育て中の親の心のサポータ活動に力を入れています。
日々お話を聴かせて頂くことで、
自分自身の気付きや学びにもなり感謝の毎日です。 
  
資格:
 産業カウンセラー
学び:
・ウィリアム・ライヒの弟子
 アレクサンダー・ローエン
 (医学博士)が創始した
 『バイオエナジェティックス』
 というボディーサイコセラピー
 の勉学に励む。
・子育て関連全般
  講演会、書物
  特に、子どもの権利条約、
  ジェンダー関係に興味を持つ
・鍼灸マッサージ、気功整体

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
急にやってきた 親離れ!!
えらくはやく それも急にやってきた

愛娘 子OLIVE 

自分らしく 楽しく 生きる
それが一番大切だってこと が わかった らしい

自分の魂の言葉をきいてしまった子OLIVE

狭い固定観念を 破り捨てた
自分の歩む道を しっかりさぐりはじめた

急だし 早すぎだし
かなり寂しいけど なんだかすがすがしい気分

私がやらなきゃいけなかった大きなお役目が
ひとつ達成してしまった

子OLIVE | 23:19:42 | Trackback(0) | Comments(2)
6/23 沖縄 慰霊の日 そして 映画「ひめゆり」
今日6/23は 『沖縄 慰霊の日』

1945年6月3日・・・沖縄戦が終わった日
沖縄の終戦記念日です。

63年前の今日、
日本軍の沖縄守備隊 最高司令官が自決しました。
最高司令官が自決したことで、
沖縄戦の日本軍の組織的戦闘が事実上終結します。
組織的戦闘が終結したことを節目としてとらえ、
「沖縄・慰霊の日」が制定されています。

毎年
8/15の終戦 
8/6 8/9 広島長崎への原爆投下
と並んで、
6/23も OLIVE家では、戦没者を偲び黙祷します。

沖縄戦といえば、
『ひめゆり学徒隊』を思い浮かべる方も多いでしょう

ひめゆり学徒隊とは、
 戦場に学徒動員され、負傷兵たちの看護活動にあたった
 沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の生徒達のことです
 15歳~19歳の女学生222名が動員され、軍の解散により戦場に放り出され
 123人がなくなりました。
 あまりにもむごい体験から生きのびた生徒達の多くは、戦後、沈黙を保って
 いましたが、戦後40年をすぎ亡くなった学友達の遺骨収集で、友達の朽ちか
 けた櫛や弁当箱を拾い上げたとき『このことを話すのは私たちなんだ』と。
 それから、ひめゆり平和祈念資料館を作る仕事に入って行ったそうです。
 彼女達の膨大な証言をまとめた記録が

長編ドキュメンタリー映画『ひめゆり』

金沢でも夏休み中の8/1上映が予定されています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
長編ドキュメンタリー映画『ひめゆり』
8/1(金) 場所:21世紀美術館 シアター21
   1回目 開場14:30 開演15:00
   2回目 開場18:00 開演18:30
   一般 \1,300 学生 \1,000
※ チケット購入したいかた メッセージ送ってください
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

続きを読む >>
おきなわ | 19:43:05 | Trackback(0) | Comments(5)
子OLIVE演奏活動の記録(2008年前半)
眼が辛いので、どんどんPCから遠ざかる生活
書きたいことはいっぱいあるけど
できるときに できることを やるしかないね

私の愛娘 子OLIVE
もう高校一年! もう「子」なんてかんじじゃないけれど
ここでは、「子OLIVE」で通してきているし そのまま「子OLIVE」でこれからもいこうか
そのうち、怒られて変えることになりそうだ

子OLIVEのヴァイオリン演奏活動を こまめにUPしていきたい
でも ままならず
今年も年が明けて半年がたっちゃうな
このへんで 整理して記録しとかなくっちゃ!


子OLIVE演奏活動の記録(2008年前半)

2008年
 2/9(土) 『空と大地恵みのコンサート』 オープニング演奏2曲
          カノン(パッヘルベル)、 古代舞曲とアリア 第一楽章(レスピーギ)
          ※野々市町青少年管弦楽団として合奏のみ参加

 2/16(土)『野々市音文協 新年会』
          独奏 ヴァイオリンコンチェルト イ短調No.1(アッコーライ)

 3/9(日)『第三回 モーツァルトアカデミーコンサート』 in ハートピア春江
          独奏 ヴァイオリンコンチェルト イ短調No.1(アッコーライ)
          野々市町青少年管弦楽団として
             合奏4曲、福井コールアカデミーさんと合同演奏1曲

 3/26(水)『ゆいちゃんちコンサート in 富山 太閤山』
           アキヒコさんの提案で
           弦楽器の音色が大好きなゆいちゃんのおうちへ出張演奏!
           ゆいちゃんは高校を卒業したばかり。
           ゆいちゃんはベットから起き上がる事が出来ません
           お母さんが自宅で睡眠時間を削って看護をしています
           前晩調子が悪く、演奏当日は鎮静剤で眠り姫のゆいちゃんでした。
           でも、子OLIVEが弾くヴァイオリンの音に時々眼を開き手を動かして・・・
           心がきゅーんとなりました
           ゆいちゃんに元気をもらって・・ゆいちゃんままのまゆさんからやすらぎをもらって
           アキヒコさん 由美子さん&ひろっち、なずなちゃんまま&みわちゃんと一緒の
           9人の不思議な時空間。 また出張演奏したい子OLIVEとOLIVEです

 4/5(土) 『Tちゃんち ホームコンサート』
           小6のTちゃん 親子で仲良くしてもらってます。
           Tちゃんちのホームコンサートに子OLIVE賛助出演させていただきました
           Tちゃんとのデュエット7曲 Tちゃん、子OLIVEそれぞれ独奏
           素直な音色で息の合った素敵なホームコンサートでした♪

 4/18(金) 寿[kotobuki]のナビイちゃんへプレゼント演奏
           寿のライブ後、 ナビイちゃんの夫さんの元気を願って
           アヴェマリア、星に願いを 2曲演奏しました

 4/20(日) 『大池 功 おきなわんトーク&ライブ』 in サバイディ
           沖縄からきてくれたOLIVE&子OLIVEの平和師匠 大池さんのライブに
           賛助出演しました。 寿[kotobuki]の友人でもある大池さんですので
           寿の曲2曲を一緒に演奏しました 「継いでゆくもの」「ハレルヤ」

 4/29(火) なごみ苑 ボランティア訪問演奏
           独奏 春の海

 5/17(土) ふくひさデイケアー ボランティア訪問演奏
            ※野々市町青少年管弦楽団として合奏のみ参加

 5/24(土) にゃあちゃん結婚披露パーティ
            タイスの瞑想曲 星に願いを など 演奏しました
            かわいいにゃあちゃん花嫁さんへ
            祝福のきもちをたくさんこめて演奏しました

 5/25(日) 『野々市町青少年管弦楽団 第四回演奏会』
            合奏10曲に参加
            アンサンブルでは、バームクーヘンを演奏←これはなかなか良かった

 6/15(日) ティータイムコンサート  in サバイディ
            ヴィオラ奏者の大谷 渉さんとのデュエットコンサートさせていただきました。
            大谷さんも子OLIVEも 優しい音色を奏でます
            大谷さんの大きな胸をおかりして のびのび本当に楽しく弾いていた子OLIVE
            聴いてくださる皆さんの心にとどくような演奏をしたい・・・と言っていました
            わが娘 ということを忘れて じっくりききほれとっても気持ちの良い一時間
            久しぶりに良い音楽を体感しました
            子OLIVE 良い出会いに恵まれ またひとつ成長したような気がします。

 6/28(土) ヴァイオリンの先生の本「朝な夕なのヴァイオリン」出版祈念パーティー in カメリア2F
              ※野々市町青少年管弦楽団&モーツァルトアカデミー管弦楽団
              それぞれの楽団員として合奏に参加 

こうやって振り返ると、子OLIVE忙しいはずや
演奏の前には練習もあるわけで、
子どものオケ(青少年管弦楽団)のほうでは、
よく楽団の小学生から個別にあわせる練習や調弦を頼まれて時間調整している

子OLIVEにとってのヴァイオリン
将来、これで生計を立てようとは思っていないみたいだけれど
死ぬまで自分の横にずーっといてほしい存在のようです

疲れ果てていたときにヴァイオリンを忘れてきちゃったことがあります
気が付いたときの子OLIVEのあわてようは、 いままで見た事がないくらいすごかった
見つかったとき 大粒の涙が彼女のめからあふれてた
取りに行って ヴァイオリンくんとの再会
ヴァイオリンを抱きしめて、「ごめんねーごめんねー」と泣き崩れて・・・
しばらく大変でした
どれだけ自分にとってヴァイオリンが大きな存在か、身にしみてわかったらしいです
#なら わすれんといてよー と言いたくなる母でしたが・・
#よほどつかれていたんだわ と じっとがまん

子OLIVE よくヴァイオリンと話しています
子OLIVEのヴァイオリンくん が わたしにも話しかける事があるような気が時々します
「ねーまま 今日の子OLIVEちゃん いい音で弾いてくれる うれしい」ってかんじで・・・

音楽も 奏でる楽器も 生き物なんだなー 

子OLIVE | 00:19:03 | Trackback(0) | Comments(0)
磯崎 主佳さんの原画展
引き続き 沖縄情報~

同じく寿[kotobuki]の友人 磯崎 主佳さんの原画展を
寿ライブ会場のシルクビート以外ででも 開催します
彼女の人柄がそのまま絵になった作品の数々
ご堪能くださいませ

■日時:4/20(日) ~ 26(土)
■場所:ヒーリングカフェ サバイディ
     石川県石川郡野々市町中林5丁目7番  
     050-7508-5736

 磯崎 主佳(いそざき ちか)プロフィール

 1971年 神奈川県小田原生まれ
 1992年 女子美術大学工芸科卒業
 1994年 東京芸術大学大学院修士課程修了
 1994年~2002年 東京の中学校に勤務
 2002年 沖縄に移住、染織の仕事を始める。まゆ織工房。
  (11月) 第4回 満月まつり ポスター作成
 2003年(5月) 絵本「コロとおじさんと平和のかかし」
        (文・高江洲朝男)風の里企画 出版
 2004年(4月) 絵本原画展[沖縄県立図書館]
    (12月)じゅごんの里[名護市瀬嵩]パンフレット 作成
 2005年 久高島の案内地図看板 作成(知念村 久高島)
 2006年 沖縄県教職員組合主催 平和絵本講座 講師
(5月)「しまくとぅばで あそぼう」出版
            (文・金城春子)なんよう文庫
    (7月)「かわらぬ ことば うまれる おもい」原画展示
            (東京 竹橋 毎日新聞本社 大食堂)
 2007年 沖縄県教職員組合主催 平和絵本講座 講師
      (6月)「いただきます」出版
            (文・玉城裕美子)沖縄時事出版
      (7月)「おじぃの命くとぅば」出版
            (文・野国紀子)沖縄時事出版
      (12月)「新都心ものがたり」出版
            (文・比嘉美江)沖縄時事出版
      (12月)「沖縄の戦争遺跡」出版
        (沖縄県立平和祈念資料館 編)沖縄時事出版

HAPPY OLIVE | 18:37:43 | Trackback(0) | Comments(0)
♪大池 功 おきなわんライブ&トーク
先にご案内した寿[kotobuki]に引き続き
沖縄関連のご案内です。

寿の友人でもある大池 功さんが
野々市でライブをやってくれます。
大池さんのプロフィールは以下をご覧になって下さいませ。
大池さんは、沖縄で平和ボランティアをされています
私と子OLIVEの平和の師匠! 
でもって元中学の国語の先生だったことがあったり、
ミュージシャンで活躍もされてます。
大池さんとの出会いは、マイミクのしかおるちゃんからの紹介
子OLIVEが小学生の時、初めて大池さんにガイドをお願いし
沖縄の戦跡や祈念館などに二十数か所巡りました。
沖縄の歴史を知ることが、沖縄戦に向き合うことが
今の自分のいきている社会を知り、未来を考えるヒントになったと
思っています。
寿ライブの翌日ですが。。。 是非是非お越しくださいませ 



『大池 功 おきなわんライブ&トーク』

■日時:4/20(日) 18:00~ 
■場所:ヒーリングカフェ サバイディ
     石川県石川郡野々市町中林5丁目7番  
     050-7508-5736
■料金:前売チケット 1,500円(当日2,000円)
    ※オーガニックDRINK 付
    20名限定

■プロフィール
  大池 功(おおいけ いさお)
   http://homepage3.nifty.com/i-sa-wo/

 1957年 東京で出生、神奈川、東京、新潟、大阪で育ち、
 1964年 滋賀で小学校入学、8月東京へ転居、以後東京の公立小中高大で
 学ぶ
 1983年~2002年 東京の私立中学校高等学校で働く(国語科)
 2003年 多摩(東京)から玉城(沖縄)に移住 【たまたま庵】の活動を
 開始
 ★演奏家としての自己紹介
   中高とクラブ活動(軽音楽) その後もバンド活動など
   32歳から三線や太鼓(東京中野の三線愛好会ほか)も
  1993年以降、東京を中心にライブ活動を始める
   ・三線愛好会 ・新里愛蔵 ・クイチャーパラダイス ・真南風 ほか
   その他、寿、ナチブー、大工哲弘、具志堅京子などの演奏に参加
   CD録音への参加は、クイチャーパラダイス、寿、大工哲弘、新垣勉ほか
  1998年、真南風に随行しゴールウェイ(アイルランド)で演奏
  2004年、伊是名の会に随行しロバニエミ、ヘルシンキ(フィンランド)
  で演奏
  2005年、伊是名の会に随行しジャカルタ(インドネシア)で演奏
 
【たまたま庵】 http://isawo.air-nifty.com/
  2003年7月~ 玉城字富里668-5
  様々な活動の拠点、宿泊可能
   (住居を兼ねている、2洋室+1和室+居間+DK)
  ・沖縄戦についての学習の手伝い 歴史的な遺跡・文化財の案内など
  ・個人旅行、小集団の旅行の企画の手伝い
    これまで、乳児連れ夫婦から80代までが宿泊、案内をしてきた
  ・社会科教師の団体、小学校教師の団体、沖縄県立高校のクラブ合宿
  ・高校生(2人)の研究旅行、高校生と親の研修旅行、3世代の沖縄旅行
  ・利用者の国籍をあげると、日本、韓国、タイ、フィリピン、ネパール、
    アメリカ合衆国、アイルランド、インドネシア、スペイン
  ・「虹の会」(ひめゆりに学ぶ沖縄の若者達の会)の拠点の一つでもある
   『平和は退屈ですか』(岩波書店)は下嶋哲朗が企画した「虹の会」
   の記録
  ・沖縄戦研究者、沖縄戦後の慰霊や「平和学習」の研究者なども利用
  ・年に数回【たまたま庵】ライブ演奏会を催す
    近藤ヒロミ、國仲勝男、浜辺の茶屋バンド、鈴木厚志、板垣武志、
    ウクレレブラザーズ、井上ともやす、わらぶー、李政美、朴保バンド
    なお【たまたま庵】向かいの花屋果村でのライブの後、打上げで使っ
    たのは寿、趙博

HAPPY OLIVE | 18:36:24 | Trackback(0) | Comments(0)
♪寿[kotobuki]LIVE
沖縄好き バリ好き 音楽好き 踊り好き PEACE好き 
大人も子どもも 男の人も女の人も み~んな集まれ♪

われらが 寿[kotobuki] がやってきます
一緒に踊って歌って 大切なことを大切だと感じることができる
心に響き、お互いがあたたかく包み込まれる 寿[kotobuki]の音楽
4/18-19小松で体感できますよん♪

☆fun fan ネットワーク
  http://homepage3.nifty.com/funfanfact/indexy.htm

■4/18(金)
  寿[kotobuki]LIVE at coccolo(コッコロ)
   18:00開食 19:30開演
 場所 イタリアン・カフェ コッコロ
 石川県小松市矢崎町ナ198 TEL&FAX 0761-23-5563
 チケット 4500円 (25名) 限定LIVEのため、子ども料金の設定はありません
 ★完全予約制
 ワンドリンク・オードブル(軽食かパスタ・・内容の詳細は未定)付

 自然の恵みの木場潟、その後ろに大きく包み込むような白山に抱かれ、四季折々の豊かな表情をおりなす静かな小さな場所です。そんな心地よい雰囲気の中、きどらずに、かざらずに、気軽に大切なひと時を過ごせるお店、それがコッコロです。
 LIVE終了後、コッコロにおいて打ち上げも。希望の方はそちらの方も連絡お願いします。

■4/19(土)
 寿[kotobuki]で春をむかえYO!スペシャル編成ライブ
  at シルクビート vol.2
   18:30開場 19:00開演
 共演 渡辺亮(パーカッション~スーザンオズボーン/鈴木重子/EPO/etc)
     横瀬卓哉(パーカッション~世良公則バンド/etc)
 場所 シルクビート
      石川県小松市安宅町ヨ-60番地  TEL 0761-22-4698
 大人 3000円(当日3500円)
 小・中学生まで 1000円(当日精算)

 バンドとしての寿[kotobuki]を、石川でやろうじゃないか !! 総決起集会 !!
  ☆シルクビート同時開催/沖縄より絵本画家(寿[kotobuki]の友人でもある)磯崎主佳さんの
個展を開催。
寿[kotobuki]二度目のシルクビートは、寿[kotobuki]のアルバムに全て参加してる渡辺亮と、
いつもはドラム担当の横瀬卓哉のダブルパーカッション スペシャル編成。
こりゃ見逃すともったいないヨ~ん。(オフィシャル webより)

****

この期間、知人で沖縄在住の「磯崎 主佳さん」と「大池 功さん」も
石川入りします(お二人とも寿の友人です)
 19日のライブ会場で
 磯崎 主佳さんの原画展同時開催させてもらいます
彼女の絵からは、とてつもないエネルギーがもらえます
  平和関連や沖縄方言の絵本の絵を担当していたり、
  主佳さん自身もとっても素敵な女性です 子OLIVEの憧れのおねーさん
 大池 功さんはミュージシャン
  寿のアルバム「継いでゆきもの」の民謡で太鼓と囃子を担当しています
  OLIVEと子OLIVEの平和の師匠です
  沖縄の戦跡や祈念館など二十数か所案内してくださった方です

みなさんと一緒に繋がりたいなあ
寿の音楽も主佳さんの絵も 私の大事なつながりのみなさんに
共有していただきたいです
お時間あるかた どうぞ 来て下さいませ

HAPPY OLIVE | 18:04:20 | Trackback(0) | Comments(0)
さくらさく
\(^O^)/

未分類 | 08:19:32 | Trackback(0) | Comments(0)
☆ 3/20 ピースウォーク in 金沢 ☆
OLIVE ネット落ち生活が続いておりますが・・・
これはおしらせしなくてはいけないのでPCを立ち上げました

金沢近郊のみなさん是非参加してください!

金沢ではじめてのピースウォークは2001年10月6日。
911のあと、たったの4人でやろう!といいだし、
120人の方々が集まってくれたそうです。
翌日からアフガニスタンへの空爆が始まりました。
それ以降、かれこれ10回くらい、
個人参加のこの指とまれ方式でやってきているそうです。

2003年~はじまったイラク戦争もまだ終わっていません。
日本がこの戦争に無関係では無く
私達の税金が、イラクの戦争に使われていることを考えると
なんともいえない気持ちです!

わが娘 子OLIVEは、
毎年、ピースウォーク呼びかけ人になっています。
今年は、準備段階に演奏会がいくつか重なって
まだ、体調も崩してしまって なんにもできていませんが
なんとか当日は参加したいと体調を整えています。

年に一回 春分の日に
毎年集い、歩けることを確かめながら
この自由が永遠であることを願い

また、
世界のどこにも戦争がないそういう日がくることを願い

今年も歩きたいと思います

お時間ある方 一緒に歩きませんか?

歩くのが苦手な方は、
12:30~一時間 ワークショップや歌のコーナーもありますので
無理の無いようにご参加いただけます。


** 以下 呼びかけ文 *******************


★+~**+~**+~**+~**+~**+~★
                   ♪
  2008・3・20(木・祝) ♪  
   ピースウォーク金沢   ♪
    「いっしょに歩かんけぇ~!」
    ♪  http://home.384.jp/peacewalk/
  ♪  
♪    **+~**+~**+~**+~**★


また 私たちは歩きます。

お陽さまの下、平和を願って、
歌いながら、歩きます。
手をつないで。楽器を持って。
空を見上げて。春の風を吸い込んで。

忘れないこと、そして 継続すること。

沿道の市民に呼びかけます。
「私たちと同じ思いがあるなら、
ピース(サイン)をかえして!」と。

ほんのささやかな行動ですが、
平和を追い求める意思表示に、
たくさんの方々のご参加をお待ちしています。


☆★☆★☆★

2008年3月20日(木・祝)

12:30 石川県中央公園に集合
  集会
    一言アピール・今のイラクからのレポート    
    うたのコーナー・出逢いのワークショップなど

13:30 ウォークスタート!(一時間程度と昼餐かもOK! )
  中央公園ー香林坊ー竪町ー鱗町ー21世紀美術館ー中央公園

☆★☆★☆★


★**+~**+~**+~**+~**+~**★

ホームページ  http://home.384.jp/peacewalk/
ブログ  http://ameblo.jp/yes-peace/

★**+~**+~**+~**+~**+~**★


「いっしょに歩かんけぇ~! 金沢」


忘れとるかもしれんけど
2003年3月20日に始まったイラク攻撃、
まだ終わっとらんげんわ。

みんなそれぞれに心になんかあると思うけど、
銃やミサイルで殺しあっとれば、そのうち解決するとは
誰も思っとらんような気するげんわ。

遠く離れとっても・・・

平和を願とる気持ちだけでいいし、
そっともちよって
一緒に歩かんけ?

かなざわのまちを。


~~~~~~~~~~~~

PEACE | 12:43:40 | Trackback(1) | Comments(4)
☆星空神話003
ずいぶん久しぶりに 星空神話 UPします

OLIVE&子OLIVE 星が大好きです
最近のOLIVE 眼の具合がいまいちなので
もうほとんど星座をおえなくなっていますが
星空 や 星座にまつわるお話 すき



星空神話

こいぬ座
 「こいぬ座」という言葉の響きはかわいらしいのですが、残念ながら良い話は
伝わっていないようです。

 農芸の神アクスタイオスの子アクタイオンは、太陽神アポロンの孫にあたります。
半人半馬のケイローン(いて座)に育てられ、狩りの名人になりました。
 ある日、50匹の犬を連れて鹿狩りに出かけたとき、道に迷い、泉でひと休みして
いる女神アルテミスを見てしまいました。
 犬の声に気付いたニンフたちは、あわてて女神の体を隠しますが、アルテミスは、
恥ずかしさのあまり、「無礼者!」と呪いの言葉とともに、アクタイオンの顔に、
ひとすくいの水をかけました。
 すると、どうでしょう。からだ中に毛が生え始め、枝角も延びて、アクタイオンは
見る見るうちに鹿の姿に変わっていきました。
 突然現れた鹿の姿に50匹の犬たちは、それが変わり果てた主人とも知らず
次々に襲いかかり、バラバラに噛み裂き、食い殺してしまいました。

 のちに、50匹の猛犬の中の一匹、メランポスが空に上げられ「こいぬ座」に
なったと伝えられています。  

************

プロキオンとは「犬の前」という意味。
星座絵には、狩人オリオンが連れる猟犬として、おおいぬ座、こいぬ座が
描かれています。
 古代エジプトでは、シリウスはナイル川の氾濫の季節を教えてくれる星とされ
てきましたが、プロキオンは、そのシリウスに先立って昇ってくるため「犬の前」
という名称が与えられ、まもなくシリウスが昇ってくるという「前触れ」とされ
ていたようです。
 プロキオンは地球から11光年という近距離にある恒星で、シリウスとともに
空間的にもお互いに近くにある恒星です。
 私たちの太陽より明るく輝く星で、シリウスに比べると小ぶりの、極めて普通
の星ですが、シリウス同様、白色わい星を同伴していることが知られています。

 プロキオン(こいぬ座)-ベテルギウス(オリオン座)-シリウス(おおいぬ
座)と3つの一等星を結ぶと、冬の天の川に浮かぶ、巨大な三角形が出来上がります。
これが『冬の大三角』と呼ばれるものです。

 さらに、プロキオン(こいぬ座)-シリウス(おおいぬ座)-リゲル(オリオン座)-
アルデバラン(おうし座)-カペラ(ぎょしゃ座)-ポルックス(ふたご座)と6つの一等星を
結ぶと、冬の夜空いっぱいに巨大な六角形が出来上がります。
これが『冬の六角形』と呼ばれるものです。

| 03:16:45 | Trackback(0) | Comments(2)
人権学習 in H中学
友人のmizuhoさんが取材した白山市のH中学の人権学習
明日(もう今日だけど)放映されます。

★訂正
 前編後編に分かれることになり、今週・次週と二週続けて
 放映されることになりました。




みなさん 良かったら 観てください!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  1月9日(水)・1月16日(水) 午後6:30分過ぎくらい
  MRO 夕方のニュース番組の中の
  「わいわいキッズ」というコーナー
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

すでにご存知の方いらっしゃいますが
OLIVEは 昨年12月 
H中学で 人権学習の講演会をする機会を頂きました。

2007年中学人権作文コンテスト 石川県大会で
国語の苦手なわが娘子OLIVEが、最優秀賞の中の4編に選ばれたこと
がきっかけで、中学校の先生をされているYさんが持ってきてくださったお話でした。

 ※その時のことを ご自分のブログにUPしてくださっています。
  ↓ ↓ ↓
   「一人一人の輝き」
   http://koshinene.blog59.fc2.com/blog-entry-110.html

学習の内容は、
中学生の生徒たちは、子OLIVEの作文を事前に読み
その後私がお話させてもらう というものでした。

お話を頂いたとき 一瞬何のことかわからず 
ぽかーんと 口があいていたと思います

講演なんて初めてだし、人権ということを仕事にしているわけでもないし
もっとふさわしい先生はいるはず・・・
ひぇーー私でよいのか~ 本当に良いのか
わたしゃ先生なんてやったことないしさ と 何度も思いましたあ
はじめてのことって 不安だし 自分にそんなすごいことできるなんて
思えなかったし・・・・
でも、私が信頼している由美子さんの依頼だ
いいかげんな中途半端な気持ちでテキトーに話を持ってくる人ではない
由美子さんの、自分がその依頼先になっているのは信じられないけど
これもなにかのご縁 
いままでも 自分にできないと思ったこといっぱいあった
不安に思いながらだったけど やったこと、結局できないことじゃなかった
町内会の総会計 時間のやりくりたいへんやったあ~
学童保育の連絡協議会の会長なんか きつかったけど たくさん学べた
一昨年前の虹の祭りの会計 どうなることかと思ったけどやりきった

不安は不安でとりあえずおいておくことにして
由美子さんの目を信じることにした
三週間、どんな学習の時間にするか・・・悩んで迷って
何度か由美子さんともお話させてもらった
取材に入るといってくださっていたmizuhoさんも
その話の中に加わってくださった時間もあって
人権という とっても硬い 難しい言葉じゃなく
人として生きていくこと こどもと向き合っていくこと など
を話していく中でだんだん 固まっていった

私が娘に伝えてきたこと
うーん伝えてきただけじゃないな
娘と一緒に学んできたこと 
そしてこれからも伝え学び続けたいことを
一人でも二人でも良いから
娘と同じ年代の子どもたちと一緒に考えあう時間をもつことができたら
どんなにうれしいだろう と だんだん 思えるようになって
準備にも力が入っていきました

まーそれでも 不安と言うものは なかなか 手ごわくって
前日は、フェアートレードショップ alさんへ行って
話す内容の視覚的なネタになりそうなものを物色したり・・・
偶然 人権の講演をよくされている マイミクのmilkyさん と
一緒に来ていた自転車図書館の館長土居さんにもお会いできて
励ましてもらったり
アムネスティの活動をしているお友達のおじさま M田さんに
時間とってもらって 話す内容を聞いてもらったり
直前まで結構じたばたしてました

12/14 一年生 12/17 三年生 12/21 二年生
それぞれ学年別に学習させていただきました

「人権って?」という質問をまず投げ・・
うちでは、子OLIVE相手に 質問や 子OLIVEの考えや気持ちを
聞き出すことは よくやっていることで・・・

親というものは、自分の考えをあーだこうだと
何度もうるさく子どもに押し付けるもので、
子どもの考えていることをあんまりきかないもの
私ももちろん例外じゃない よくやってしまう
でも、子どもって 大人が思っているよりはるかにハイレベルのことを
考えたり 感じる力をもっている
だから よくやってしまう自分を戒めるためにも
時々自分をみつめて ありゃりゃ いかん 
子OLIVEの考えは? 気持ちは?
と 自分の子どもとの接し方を振り返りながら 質問するのです

子OLIVEの作文でも 私とのやりとりがかかれていた
「人権てなんやと思う」 という私の問に
「普通の人と同じような生活を普通じゃない人も送ること」と彼女は答えた
作文には書かれていないけど
その答えの前に 障害者の人とか・・・という言葉があった
私は、その答えに??? と思ったので きいてみた
普通の人って なんや? 障害のある人は普通じゃないってこと?
その時、子OLIVEは 何にも言わなかった じーっと下を見ていた
私は、それ以上何も答えなかった子OLIVEには なにも言わなかった
その後 特にそのことについて話し合うことも無く私は何も思わず
時が過ぎていった
ある日
作文に この私達の会話をのせたこと がわかって
子OLIVEが自分自身をせめていたこと も 知り
なんとも かわいそうなことをしたな と いとおしくなり 
また かなり深い部分で感じる心をもってくれている ことを うれしく
思ったりもしました
そのときにようやく 彼女の気持ちも受け止めながらいろんな話も
できました

(作文は、Yさんのブログ または、
 石川県人権啓発活動ネットワーク協議会のHP で読むことが出来ます)

普段 私達の生活でよくつかってしまう「普通」
中学生の子OLIVEも何気なくつかったこの「普通」の意味
このことをH中学の子ども達と一緒に考えたい と思い
「人権とは?」を考えてもらった後に
「普通」「普通じゃない」ってどんなときに思う? の質問を
ぶつけることにしました
いろんな意見をいってくれました
この学校の子ども達は、ほんとうに素直な子が多くて
一生懸命に答えようとしてくれる 
もう とってもかわいくてしかたなかったですよ

私も良く使います この「普通」
ほとんどが 自分の立ち位置があるほうが「普通」にクルーピングされ
多数派が普通に位置付けられることが多い
それが悪いわけじゃない
自分のいる「普通」から「普通じゃない」をみたときに
蔑んだり、哀れんだり、ばかにしたり、のけものにしたり、きったり
そういった良くない感情が含まれているとき壁ができ
攻撃したり、相手に不快な思いをさせてしまうことがある。
このことに 気づけたらいいなと 思っていました。
だれもが 普通であって、だれもが普通じゃなくなる 
普通の定義のあいまいさに 子ども達は、みな気づいていました

普通とそうじゃないじゃなくて
一人一人 皆違っているわけで
その違いは、
その人とちゃんと向き合って理解していくもの

人はどんなことを考えても良いし、他の人と違ってもいい
そんな自由がある
でも ほかのひとのやってもいいことをじゃましたり
のけものにしたり心身にわるいことはやっちゃいけない

一人一人がみんな同じ権利をもっている

その子その子の準備の段階にあった理解が
そこにはありました(後で頂いた感想をよんでそう思いました)

法務省が定義する人権を紹介し、
みんなが同じように持つ権利は
日本国憲法でも保障されていること、世界人権宣言 子どもの権利条約など
日本だけでなく世界中できちんと決められて守られている
ということも紹介させてもらいました

「人権」 こんな難しい テーマの話
みんなねちゃうかもな と覚悟してました でも
どの子の眼も みんなこっちを真剣に見てくれていた
(というか そんなにはっきりは見えないので 感覚ですよ
 こっちを見ている気が感じられた ということです)

必死でやったけど それぞれの学年で 私なりに
いろんな反省がありました
上手にお話することも、文章にあらわすことも苦手な私
ちゃんと私の思い伝えられたかちょっと心配だったりしたけど
子ども達の感想を後で読ませてもらって 本当に感動しました。

私のつたない話の中から、
きちんと、生活の中で自分が大事にされ生きていくこと、
周りの人を大事に思っていくことをちゃんと感じ取り
それぞれの子どもたちがそのことを一生懸命考えて
自分なりに気づいたことがその感想の中にいっぱいかかれてありました。

自分も守られ、自分以外の人も守られている
お互い守り育てていく・・・そう感じることができたこの子たち
どうぞ その純粋な心そのままで 大人になってほしいと思いました。

この三日間を終え、明るい未来を感じることができました。
本当に良い機会を与えてもらって Yさん 有難う!

私は 私のやりたいことの一つができたような気がします。

よかったら、明日(もう今日だけど)夕方のMRO 観てやってください。

わたしのこと | 01:32:23 | Trackback(0) | Comments(5)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。