■プロフィール

OLIVE

Author:OLIVE
沖縄と音楽と平和をこよなく愛するOLIVE。 
何気ない毎日に小さな幸せを感じます。
幸せって
人と人が繋がって生きていく 
その中に感じるものかも・・・
日々感じたことなどを時々かいてます。

■□■□■□■□■□■□■□■
主に、子育て中のかあさんたちの
悩みを共に考えていくサポータの
活動をしています。
お話をお聴きしたり、体をリラッ
クスさせるためのケアが中心。
必要な場合は、子育て勉強会も
行っています。
ボランティア(カンパ制)活動で
すので出来る範囲での対応となり
ます。            
※子育て以外の悩みもOK
※子育て中の親以外もOK
□■□■□■□■□■□■□■□
OLIVEプロフィール
「子育ては、一番のPEACE活動」がモットー。
IT関係の会社勤めの傍ら、PEACE・環境・人権関連の活動に関わりながら
主として子どもに関係する活動を行う。
H12年度より、学童保育の地域連絡協議会の活動に加わり、
H16年度会長17年度18年度相談役を努め、連協運営以外に指導員及び保護者から数々の相談を個人的に受ける。
心理学性格学等やボディケアの必要性を感じ、カウンセリング資格を取得。
ボディーサイコサラピーやボディケアのスタディを継続中。
子育て中の親の心のサポータ活動に力を入れています。
日々お話を聴かせて頂くことで、
自分自身の気付きや学びにもなり感謝の毎日です。 
  
資格:
 産業カウンセラー
学び:
・ウィリアム・ライヒの弟子
 アレクサンダー・ローエン
 (医学博士)が創始した
 『バイオエナジェティックス』
 というボディーサイコセラピー
 の勉学に励む。
・子育て関連全般
  講演会、書物
  特に、子どもの権利条約、
  ジェンダー関係に興味を持つ
・鍼灸マッサージ、気功整体

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
人権学習 in H中学
友人のmizuhoさんが取材した白山市のH中学の人権学習
明日(もう今日だけど)放映されます。

★訂正
 前編後編に分かれることになり、今週・次週と二週続けて
 放映されることになりました。




みなさん 良かったら 観てください!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  1月9日(水)・1月16日(水) 午後6:30分過ぎくらい
  MRO 夕方のニュース番組の中の
  「わいわいキッズ」というコーナー
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

すでにご存知の方いらっしゃいますが
OLIVEは 昨年12月 
H中学で 人権学習の講演会をする機会を頂きました。

2007年中学人権作文コンテスト 石川県大会で
国語の苦手なわが娘子OLIVEが、最優秀賞の中の4編に選ばれたこと
がきっかけで、中学校の先生をされているYさんが持ってきてくださったお話でした。

 ※その時のことを ご自分のブログにUPしてくださっています。
  ↓ ↓ ↓
   「一人一人の輝き」
   http://koshinene.blog59.fc2.com/blog-entry-110.html

学習の内容は、
中学生の生徒たちは、子OLIVEの作文を事前に読み
その後私がお話させてもらう というものでした。

お話を頂いたとき 一瞬何のことかわからず 
ぽかーんと 口があいていたと思います

講演なんて初めてだし、人権ということを仕事にしているわけでもないし
もっとふさわしい先生はいるはず・・・
ひぇーー私でよいのか~ 本当に良いのか
わたしゃ先生なんてやったことないしさ と 何度も思いましたあ
はじめてのことって 不安だし 自分にそんなすごいことできるなんて
思えなかったし・・・・
でも、私が信頼している由美子さんの依頼だ
いいかげんな中途半端な気持ちでテキトーに話を持ってくる人ではない
由美子さんの、自分がその依頼先になっているのは信じられないけど
これもなにかのご縁 
いままでも 自分にできないと思ったこといっぱいあった
不安に思いながらだったけど やったこと、結局できないことじゃなかった
町内会の総会計 時間のやりくりたいへんやったあ~
学童保育の連絡協議会の会長なんか きつかったけど たくさん学べた
一昨年前の虹の祭りの会計 どうなることかと思ったけどやりきった

不安は不安でとりあえずおいておくことにして
由美子さんの目を信じることにした
三週間、どんな学習の時間にするか・・・悩んで迷って
何度か由美子さんともお話させてもらった
取材に入るといってくださっていたmizuhoさんも
その話の中に加わってくださった時間もあって
人権という とっても硬い 難しい言葉じゃなく
人として生きていくこと こどもと向き合っていくこと など
を話していく中でだんだん 固まっていった

私が娘に伝えてきたこと
うーん伝えてきただけじゃないな
娘と一緒に学んできたこと 
そしてこれからも伝え学び続けたいことを
一人でも二人でも良いから
娘と同じ年代の子どもたちと一緒に考えあう時間をもつことができたら
どんなにうれしいだろう と だんだん 思えるようになって
準備にも力が入っていきました

まーそれでも 不安と言うものは なかなか 手ごわくって
前日は、フェアートレードショップ alさんへ行って
話す内容の視覚的なネタになりそうなものを物色したり・・・
偶然 人権の講演をよくされている マイミクのmilkyさん と
一緒に来ていた自転車図書館の館長土居さんにもお会いできて
励ましてもらったり
アムネスティの活動をしているお友達のおじさま M田さんに
時間とってもらって 話す内容を聞いてもらったり
直前まで結構じたばたしてました

12/14 一年生 12/17 三年生 12/21 二年生
それぞれ学年別に学習させていただきました

「人権って?」という質問をまず投げ・・
うちでは、子OLIVE相手に 質問や 子OLIVEの考えや気持ちを
聞き出すことは よくやっていることで・・・

親というものは、自分の考えをあーだこうだと
何度もうるさく子どもに押し付けるもので、
子どもの考えていることをあんまりきかないもの
私ももちろん例外じゃない よくやってしまう
でも、子どもって 大人が思っているよりはるかにハイレベルのことを
考えたり 感じる力をもっている
だから よくやってしまう自分を戒めるためにも
時々自分をみつめて ありゃりゃ いかん 
子OLIVEの考えは? 気持ちは?
と 自分の子どもとの接し方を振り返りながら 質問するのです

子OLIVEの作文でも 私とのやりとりがかかれていた
「人権てなんやと思う」 という私の問に
「普通の人と同じような生活を普通じゃない人も送ること」と彼女は答えた
作文には書かれていないけど
その答えの前に 障害者の人とか・・・という言葉があった
私は、その答えに??? と思ったので きいてみた
普通の人って なんや? 障害のある人は普通じゃないってこと?
その時、子OLIVEは 何にも言わなかった じーっと下を見ていた
私は、それ以上何も答えなかった子OLIVEには なにも言わなかった
その後 特にそのことについて話し合うことも無く私は何も思わず
時が過ぎていった
ある日
作文に この私達の会話をのせたこと がわかって
子OLIVEが自分自身をせめていたこと も 知り
なんとも かわいそうなことをしたな と いとおしくなり 
また かなり深い部分で感じる心をもってくれている ことを うれしく
思ったりもしました
そのときにようやく 彼女の気持ちも受け止めながらいろんな話も
できました

(作文は、Yさんのブログ または、
 石川県人権啓発活動ネットワーク協議会のHP で読むことが出来ます)

普段 私達の生活でよくつかってしまう「普通」
中学生の子OLIVEも何気なくつかったこの「普通」の意味
このことをH中学の子ども達と一緒に考えたい と思い
「人権とは?」を考えてもらった後に
「普通」「普通じゃない」ってどんなときに思う? の質問を
ぶつけることにしました
いろんな意見をいってくれました
この学校の子ども達は、ほんとうに素直な子が多くて
一生懸命に答えようとしてくれる 
もう とってもかわいくてしかたなかったですよ

私も良く使います この「普通」
ほとんどが 自分の立ち位置があるほうが「普通」にクルーピングされ
多数派が普通に位置付けられることが多い
それが悪いわけじゃない
自分のいる「普通」から「普通じゃない」をみたときに
蔑んだり、哀れんだり、ばかにしたり、のけものにしたり、きったり
そういった良くない感情が含まれているとき壁ができ
攻撃したり、相手に不快な思いをさせてしまうことがある。
このことに 気づけたらいいなと 思っていました。
だれもが 普通であって、だれもが普通じゃなくなる 
普通の定義のあいまいさに 子ども達は、みな気づいていました

普通とそうじゃないじゃなくて
一人一人 皆違っているわけで
その違いは、
その人とちゃんと向き合って理解していくもの

人はどんなことを考えても良いし、他の人と違ってもいい
そんな自由がある
でも ほかのひとのやってもいいことをじゃましたり
のけものにしたり心身にわるいことはやっちゃいけない

一人一人がみんな同じ権利をもっている

その子その子の準備の段階にあった理解が
そこにはありました(後で頂いた感想をよんでそう思いました)

法務省が定義する人権を紹介し、
みんなが同じように持つ権利は
日本国憲法でも保障されていること、世界人権宣言 子どもの権利条約など
日本だけでなく世界中できちんと決められて守られている
ということも紹介させてもらいました

「人権」 こんな難しい テーマの話
みんなねちゃうかもな と覚悟してました でも
どの子の眼も みんなこっちを真剣に見てくれていた
(というか そんなにはっきりは見えないので 感覚ですよ
 こっちを見ている気が感じられた ということです)

必死でやったけど それぞれの学年で 私なりに
いろんな反省がありました
上手にお話することも、文章にあらわすことも苦手な私
ちゃんと私の思い伝えられたかちょっと心配だったりしたけど
子ども達の感想を後で読ませてもらって 本当に感動しました。

私のつたない話の中から、
きちんと、生活の中で自分が大事にされ生きていくこと、
周りの人を大事に思っていくことをちゃんと感じ取り
それぞれの子どもたちがそのことを一生懸命考えて
自分なりに気づいたことがその感想の中にいっぱいかかれてありました。

自分も守られ、自分以外の人も守られている
お互い守り育てていく・・・そう感じることができたこの子たち
どうぞ その純粋な心そのままで 大人になってほしいと思いました。

この三日間を終え、明るい未来を感じることができました。
本当に良い機会を与えてもらって Yさん 有難う!

私は 私のやりたいことの一つができたような気がします。

よかったら、明日(もう今日だけど)夕方のMRO 観てやってください。
スポンサーサイト


わたしのこと | 01:32:23 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
ここでははじめまして
この記事で知った子OLIVEさんの作文に触発されて、読書メモを書きました。

「だれか、ふつうを教えてくれ!」読書メモ
http://tu-ta.at.webry.info/200801/article_4.html
ここで紹介してる本、ぼくは好きな本です。よかったら、読んでみてください。

2008-01-12 土 08:30:18 | URL | tu-ta [編集]
v-521tu-taさん
ま~v-410 ぶらぐまできてくださったんですか
ありがとうございますv-298
読書メモ読ませていただきました。
うんうん と 頷きながら読んでいました。
小さなりんごと大きなりんごではなく りんごとバナナの違い
の話 とくにそうだナーと思いました
milkyさんの日記でのやりとりの手話コーラスの話も
よく思わないろうのかたも多いけど 楽しんでいるかたもいる
障害があるから また、同じ枠組みの障害だからといって
みんな一緒じゃない 考え方も感じ方も皆違う
それって障害が無くってもそうですし
ついつい 普通とそうじゃない のように グルーピングしてしまうけど
そんな簡単なことじゃないですものね
ご紹介の本 娘と是非読んでみようと思います
眼が少し不自由なので
いつ読み終えられるかわかりませんが・・・
ゆっくりゆっくりよんでいこうと思います
ご紹介ありがとうございます
tu-taさんのブログ リンク張らせて頂きました(事後ですみません)
mixi マイミク申請させていただきたいと思っています
こちらともどもよろしくお願いいたします。
2008-01-13 日 01:15:45 | URL | OLIVE [編集]
バッチリでしたね。生徒も講師も素のままで板書もよかったし。前半は
先週の木曜日にプログを覗いて今日ですとあったので、曜日を勘違いして待ってても出てくるはずがない。早とちりして木と水を取り違えてしまった?。人権を「普通」で考えるとわかりやすいです。最近は何か普通かが
良くわからない。実感としては10年前に比べればこころの壁は低くなっていると思います。お互い理解しあうと言う事は、お互い言いたいことをいい、相手を認めた上で向き合うしかないよね。
また、ゆっくり読んだら書きます。


今日見つけた記事
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/inose/080115_24th/
2008-01-16 水 20:54:01 | URL | アキヒコ [編集]
国と国との壁は取り払われることはあるのだろうか。

国の名は大白鳥と答えけり

対馬康子

白鳥が各地の湖に飛来し越冬するシーズン、遠い灰色の空からみるみる大きくなる白鳥の一団が湖に着水する様はさぞ見事なことだろう。「大白鳥」という答えはどこから来たのだろうか。白鳥が旅立った国を問われたのか、質問を受けた人の出身地を問われていたのか、考えれば考えるほどその謎は深い。質問がよくわからなくてとんちんかんな返事をしてしまったとも考えられる。もしそうだとしてもこの答えはしごくロマンチックだ。「国の名」と「大白鳥」と関係なさそうなものが直結することで、夜空の白鳥座を連想したり、飛来する白鳥の故郷であるシベリアやロシアの大地を思ったりする。渡り鳥である白鳥は「ここまではロシア」「ここは中国」と、国を区別して飛んでくるわけではない。白鳥にとっては海を越えるとはいえ、ひとつづきの土地であり、北から南の湖へ渡るという本能に従っているだけである。ヒトが普段の生活で意識している国名というものがどれだけ便宜上のものであり、地球的規模からいえば無用なものであるという事実がかえってこの答えから感じられる。日常よくみられる受け答えの勘違い、その呼吸に合わせて広がりのある世界を描き出した句だと思う。『対馬康子集』(2003)所収。(三宅やよい)
2008-01-17 木 10:34:25 | URL | アキヒコ [編集]
v-521アキヒコさん
コメントほったらかしですみませんm(..)m
3/20のピースウォクで高校の同級生に再会しました
二十数年ぶりです
彼は、イラクの反戦運動、沖縄辺野古の米軍基地建設反対運動の
最前線で活動してきたとのこと
同じ志をもつ運動の中でも、「壁」ができ対立の構図が
いろいろな経験をし、計り知れない思いかかえて
昨年故郷に戻ってきています
国と国の間 グループとグループの間 人と人の間 
どこにも存在する「壁」
 一生のテーマになりそうだ
2008-03-25 火 08:03:59 | URL | OLIVE [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。