■プロフィール

OLIVE

Author:OLIVE
沖縄と音楽と平和をこよなく愛するOLIVE。 
何気ない毎日に小さな幸せを感じます。
幸せって
人と人が繋がって生きていく 
その中に感じるものかも・・・
日々感じたことなどを時々かいてます。

■□■□■□■□■□■□■□■
主に、子育て中のかあさんたちの
悩みを共に考えていくサポータの
活動をしています。
お話をお聴きしたり、体をリラッ
クスさせるためのケアが中心。
必要な場合は、子育て勉強会も
行っています。
ボランティア(カンパ制)活動で
すので出来る範囲での対応となり
ます。            
※子育て以外の悩みもOK
※子育て中の親以外もOK
□■□■□■□■□■□■□■□
OLIVEプロフィール
「子育ては、一番のPEACE活動」がモットー。
IT関係の会社勤めの傍ら、PEACE・環境・人権関連の活動に関わりながら
主として子どもに関係する活動を行う。
H12年度より、学童保育の地域連絡協議会の活動に加わり、
H16年度会長17年度18年度相談役を努め、連協運営以外に指導員及び保護者から数々の相談を個人的に受ける。
心理学性格学等やボディケアの必要性を感じ、カウンセリング資格を取得。
ボディーサイコサラピーやボディケアのスタディを継続中。
子育て中の親の心のサポータ活動に力を入れています。
日々お話を聴かせて頂くことで、
自分自身の気付きや学びにもなり感謝の毎日です。 
  
資格:
 産業カウンセラー
学び:
・ウィリアム・ライヒの弟子
 アレクサンダー・ローエン
 (医学博士)が創始した
 『バイオエナジェティックス』
 というボディーサイコセラピー
 の勉学に励む。
・子育て関連全般
  講演会、書物
  特に、子どもの権利条約、
  ジェンダー関係に興味を持つ
・鍼灸マッサージ、気功整体

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
あけおめ ことよろ♪
あけましておめでとうございます

2008年 新しい年が始まりました。
タイトルの「あけおめ」「ことよろ」は
子OLIVEにきた年賀状に書かれておりました。
最近の中学生達は、あけましておめでとう を「あけおめ」
ことしもよろしく を「ことよろ」 というみたいで
KY は 空気よめない AKY は あえて 空気よまない など
いろんな 若い子たち の 流行を ちょっと うれしくなって
最近使ってみたくなってるOLIVEでございます。

昨年は、私OLIVEは 転換の一年だったと思います。
自分に不必要ないろんなものを 剥ぎ取り、
素の自分を 素のままで 生きていくため
自分の心を納得させる 年 だったように思います。
かなりきつい時期もありましたが、


きつかったおかげで、
私が大事にしてきた繋がりを再確認できました。
繋がりあう中で 助けられ また 自分も必要とされていることを実感する。
より深い部分での大事な人々との繋がりを感じられたとき
あー 生きてきてよかったな 私って幸せだ と 心の底から思うことができました。
これからも もっと深く分かり合いながら
この後の人生を より 豊かなものにしていきたいな と思いました。

今年は、自分が今の世に生まれてきた役割を もっと確実にするため
ゆっくり ゆっくり まっすぐに 歩んでいくつもりです
とても 楽しみな 年の初めです♪

わが愛娘 中3の子OLIVE
昨年は「達成」の一年でした。
・念願の ヴァイオリンコンクールでの優秀賞&審査員賞受賞
・中学生からのメッセージ発表 で 金沢市内で 優秀賞 受賞
・中学生人権作文コンテスト 石川県大会で 最優秀賞4編に選ばれる
どれも 中学一年のときから、
自分はやる と 言い続けてきたことでした。
ちょーぽじてぃぶ人間子OLIVE 大それたことを よくいうので
そうなったらいいね~ ほんとにそうなったらうれしいね
と母であるOLIVEは言いながらも
あまりにも 夢みたいなことなもので ちょっとからかったりしてきました。
「有言実行」とは このこと。 もうからかえません!
プラスのことを 言い続ける 思い続ける ことの大事さ
そのパワーが 自分の人生のよいことを 自分で引き寄せる強さ になっていることを
中学生の 自分の娘から 学ぶ一年でした。
子OLIVE の 2008年は いままでの自分からの脱皮 だそうです。

こんな私達母娘
大晦日 紅白を観て 年越しそばを食べて 除夜の鐘をきいたあと
電車で白山ひめ神社に初詣。
雪も降ってたりしたので寒いかな と心配しましたが
家に帰るまでは 雪もたくさん降ることも無く 素敵な初詣ができました
しらやまさん1


電車に乗って 加賀一の宮駅で降り、
雪が積もっている表参道の階段をゆっくり登る
しらやまさん3


OLIVE これがたまんなく大好きなのです
真っ暗のなか ぽつぽつ明かりが灯っている 表参道の階段
澄んだ空気 水の流れる音
一段一段 穢れを落とすかのような気持ちになれる
姫神様のもとに 一歩一歩近づいていく なんともいえない厳粛な空気
今年も一年自分らしく生きることをお誓いし、
無事参拝もすませることができました
また一歩一歩 階段を下り
しらやまさん2


駅までの間にある
菊姫の甘酒 やら おでんやら これも楽しみなのよね~
帰ったら三時 さすがに眠い すぐに布団のなかへ 
満足な年明けでした!

今年一年 どんな年になるかな?

みなさま
今年も どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
未分類 | 02:58:34 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
電車に乗って行くっていいですね。ことよろ。電車が好きなので年に数回は乗ります。運転席を覗き込みながら、運転手よろしく線路を正面に見て
揺られてます。
脱皮は何回するのでしょう?変態もあるけど,分岐点の周辺ではうろうろするけど、いざ信号が変われば車輪があれば車軸がしっかりしてれば
鈍行、特急、途中下車なんのその。スィッチ・バックと言って、高低差が
あまりあると一途には登りきれないので、少し上って平坦なところで向きを変えまた登る、それを数回繰り返し終着駅に無事停車。
その先の線路は自前で作るしかないか、線路が1メートルでもあれば
この方向に延長するべきか、鈍行を走らせるべきか、きっと考えてくれる
人が居てくれるはずです。
2008-01-06 日 19:01:40 | URL | アキヒコ [編集]
線路ならぬ襷を見つけました?
Subject: 「週刊まどか歳時記」No.001


> 御降りに濡れたる襷渡し継ぐ 黛まどか
> (おさがりに ぬれたるたすき わたしつぐ)
> <季語・御降り/季節・新年>
>
> 御降りとは元旦もしくは三が日に降る雨や雪を言います。御降りのあった年は豊穣とされており、めでたい雨・雪なのです。
> この句は箱根駅伝を詠んだものです。正月二日、霙(みぞれ)混じりの冷たい雨の降る中、顔を歪めながらまさに命がけで箱根の険しい山道を選手たちは走り上がります。自らの汗と御降りに塗れた襷を次の選手に渡した途端に倒れ込む選手もいます。
> 駅伝を見るたびに、生きるということは自分一人のことではないのだと、あらためて思います。精一杯生きて自分の役割をきちんと果たし、次の世代に汗や風雪にまみれた襷を渡すこと。駅伝も人生も、命のリレーなのだということを自覚しつつ、自らの役割を全うしたいと日々念じています。
> (句集『忘れ貝』より)
> (C)2008黛まどか
2008-01-06 日 19:13:01 | URL | アキヒコ [編集]
v-521アキヒコさん
今年もよろしくお願いします
「精一杯生きて自分の役割をきちんと果たし、次の世代に汗や風雪にまみれた襷を渡すこと。駅伝も人生も、命のリレーなのだということを自覚しつつ、自らの役割を全うしたいと日々念じています」

→命のリレー 襷を渡す自らの役割 私も全うしたいと思います
 ようやく少し見えてきたかな?と思っている道 
 まだまだ けっこう厳しい! ひとつひとつですね
 良い記事紹介してくださって 有難うございます
 
2008-01-09 水 01:52:04 | URL | OLIVE [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。