■プロフィール

OLIVE

Author:OLIVE
沖縄と音楽と平和をこよなく愛するOLIVE。 
何気ない毎日に小さな幸せを感じます。
幸せって
人と人が繋がって生きていく 
その中に感じるものかも・・・
日々感じたことなどを時々かいてます。

■□■□■□■□■□■□■□■
主に、子育て中のかあさんたちの
悩みを共に考えていくサポータの
活動をしています。
お話をお聴きしたり、体をリラッ
クスさせるためのケアが中心。
必要な場合は、子育て勉強会も
行っています。
ボランティア(カンパ制)活動で
すので出来る範囲での対応となり
ます。            
※子育て以外の悩みもOK
※子育て中の親以外もOK
□■□■□■□■□■□■□■□
OLIVEプロフィール
「子育ては、一番のPEACE活動」がモットー。
IT関係の会社勤めの傍ら、PEACE・環境・人権関連の活動に関わりながら
主として子どもに関係する活動を行う。
H12年度より、学童保育の地域連絡協議会の活動に加わり、
H16年度会長17年度18年度相談役を努め、連協運営以外に指導員及び保護者から数々の相談を個人的に受ける。
心理学性格学等やボディケアの必要性を感じ、カウンセリング資格を取得。
ボディーサイコサラピーやボディケアのスタディを継続中。
子育て中の親の心のサポータ活動に力を入れています。
日々お話を聴かせて頂くことで、
自分自身の気付きや学びにもなり感謝の毎日です。 
  
資格:
 産業カウンセラー
学び:
・ウィリアム・ライヒの弟子
 アレクサンダー・ローエン
 (医学博士)が創始した
 『バイオエナジェティックス』
 というボディーサイコセラピー
 の勉学に励む。
・子育て関連全般
  講演会、書物
  特に、子どもの権利条約、
  ジェンダー関係に興味を持つ
・鍼灸マッサージ、気功整体

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
署名のお礼・報告&ちょっと思うこと
先の日記でお願いした署名にご協力いただきました皆様
本当にありがとうございます。

今日、白山市に提出いたします。

昨日までで 約9200筆集まっています。
そのうち、千代野の町内だけで1500筆(千代野は2000世帯あるそうです)

署名を開始したのが先週の木曜日ですので
約一週間で 9000を越えるなんて すごいです。

手が届かないかもと思っていた 目標10,000筆 もうちょっと
引き続き、年末いっぱいまで 署名を受け付けることになりました。

まだ署名されてない方で、
ご協力いただける方いらっしゃいましたら
どうぞ OLIVEまで メッセージ お願いいたします。

***



昨晩、集めた署名を ありんこクラブに持っていき
集計作業に加わってきました。

結局帰ってきたのは、12時過ぎ(途中でご飯食べて帰ったんだけど)

現役の親たちとこの問題に最初から携わってきたOBの親たちが集う中、
次から次 届けられる 署名の束
仕事を終えて 集まって 集計している 母さんたちの歓声が響きます。

仕事もして 家のこともして 子育てもして 父母会で集まって
この三年間、理不尽な町の独裁者の圧力に屈することなく
子どもを守ってきた この母さんたちのパワーに圧倒されました。 

もうすっかりOBとなった わたしたち親子ですが、
六年間、娘は このクラブのこの場所で放課後の「生活」を送りました。
私も、父母会、役員会 バザーの準備 キャンプのうち合わせ、
連絡協議会のうち合わせ などで よく集まった場所。
夜おそくまでいろんな話をし、子どもの様子 や 
子どもならでわの笑えるできごと など 教えあって 
あーそんなことあったん この子つらい思いもしてたんやね と
おたがいの子どもの成長を共有し、よく確かめ合っていました。
大人同士が「子どものこと」を中心として考え合い、
共に子育てができる仲間になること。
その中で 子どもが育ち・自分自身も親として育つ ことを
経験してきた私たち親子。

卒所して三年目 わが子をみて、自分を振り返って
大変恵まれた環境で私たちはそだってきたんだ と 
クラブを久しぶりに訪れたOLIVEは、改めておもいました。

クラブを離れるとき、心配で仕方がないことがありました。
自分たちが先輩父さん母さんから受けついだ精神を
次の世代の親たちに伝えることができただろうか・・・と

昨晩しっかり受けつがれている事を確認し、
もっと揺るぎないものになっていることがうれしくて仕方ありませんでした。

一緒についてきた子OLIVE
母さんたちが連れてきている子どもたちの中にさーっと入っていき、
ありんこの子 に 戻って 
小学生&ちっちゃな子たちと何時間も遊んでくれていました。

子どもたちが放課後の兄弟たちと過ごす、大切な「居場所」であるありんこ。
親にとっても 子育てを 親・指導員同士が共に助けあい、共有できる自分の「居場所」。
ひとりひとりを大事にする人のつながりや豊かな心を育む 土台となる
この「居場所」

こういった「居場所」がどんどん失われている 今の社会。
やっぱりここは、守りたい 継いでいきたい と 心から思いました。

もうちょっと 年末まで 署名集め 頑張ろう♪
スポンサーサイト
子育てのこと | 12:56:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。