■プロフィール

OLIVE

Author:OLIVE
沖縄と音楽と平和をこよなく愛するOLIVE。 
何気ない毎日に小さな幸せを感じます。
幸せって
人と人が繋がって生きていく 
その中に感じるものかも・・・
日々感じたことなどを時々かいてます。

■□■□■□■□■□■□■□■
主に、子育て中のかあさんたちの
悩みを共に考えていくサポータの
活動をしています。
お話をお聴きしたり、体をリラッ
クスさせるためのケアが中心。
必要な場合は、子育て勉強会も
行っています。
ボランティア(カンパ制)活動で
すので出来る範囲での対応となり
ます。            
※子育て以外の悩みもOK
※子育て中の親以外もOK
□■□■□■□■□■□■□■□
OLIVEプロフィール
「子育ては、一番のPEACE活動」がモットー。
IT関係の会社勤めの傍ら、PEACE・環境・人権関連の活動に関わりながら
主として子どもに関係する活動を行う。
H12年度より、学童保育の地域連絡協議会の活動に加わり、
H16年度会長17年度18年度相談役を努め、連協運営以外に指導員及び保護者から数々の相談を個人的に受ける。
心理学性格学等やボディケアの必要性を感じ、カウンセリング資格を取得。
ボディーサイコサラピーやボディケアのスタディを継続中。
子育て中の親の心のサポータ活動に力を入れています。
日々お話を聴かせて頂くことで、
自分自身の気付きや学びにもなり感謝の毎日です。 
  
資格:
 産業カウンセラー
学び:
・ウィリアム・ライヒの弟子
 アレクサンダー・ローエン
 (医学博士)が創始した
 『バイオエナジェティックス』
 というボディーサイコセラピー
 の勉学に励む。
・子育て関連全般
  講演会、書物
  特に、子どもの権利条約、
  ジェンダー関係に興味を持つ
・鍼灸マッサージ、気功整体

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
絵本「いただきます」
いただきます


沖縄在住でとってもすてきなおねーさん
磯崎主佳(いそざき ちか)さんの絵本紹介します。
先週、うちにも届きました。

OLIVEは、主佳さんの絵が大好きです。
 ※絵だけじゃありません
  主佳さんのこと大好きです
  子OLIVEなんて、初ひとり沖縄した時、主佳さんひとりじめしたこと
  帰ってきて鼻高々で話をしておりました くそー

うちにある彼女が絵を担当した絵本
これで三冊目になりました。
  2003年「コロとおじさんと平和のかかし」風の里企画共著
  2006年「しまくとぅばであそぼ」(文 金城春子)
原画も、うちの玄関にあったりします。

絵本「いただきます」は、
沖縄戦の聞き取りをもとに
文章を、読谷村の村史編纂の仕事を10年続けてこられた
玉城裕美子さん
絵を主佳さんが描き誕生しました。

沖縄のインターネット情報RyuQにインタビューが掲載されています。
http://ryuqspecial.ti-da.net/d2007-08-29.html
 <インタビュー抜粋>
  他県のかたには、沖縄は青い空・青い海という観光イメージ
  があると思うんですが、でも戦争の中を過ごしていた人たち
  には光の届かないガマ(壕)の中や、この主人公のように
  ヤンバルの山奥に隠れ潜んでいたので、青い海も空も無かった
  んですね。
  沖縄はあの歴史があって現在がある。
  「そして今、平和であるから青い海と空をゆっくり眺めること
  ができる」とも言えますよね。
  ぜひ、全国各地の方々にもみてもらって、沖縄をもっと知って
  頂けたらと思います。

毎日新聞「本はともだち」にも掲載されています。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/
bebe/friend/news/20070725ddm010040144000c.html


まだ数冊 うちにあります。
お近くで欲しい方は、どうぞお早めにOLIVEまで
スポンサーサイト


おきなわ | 19:26:21 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
、“恐怖”とか“恐れ”とかから伝えるというよりも、もっと別の角度から表現したいと思ったんですね。読みたい。今から行きます。
2007-09-27 木 19:14:36 | URL | アキヒコ [編集]
はい!!
ほしいです。
2007-09-28 金 20:54:54 | URL | 由美子 [編集]
沖縄が戦場になり民間人が犠牲になり、日本軍に自決を強要されたということは知ってても、飢えでたくさんの人が犠牲になったとはこの絵本を読むまでしりませんでした。
先日の日曜日にヒロシマの原爆はとはどういうものかテレビ放送してました。後世に伝えるためにもろ肌を見せケロイド状態の皮膚がひっぱられた映像がありました。確かに原爆の恐ろしさを伝えるには、火力の凄さや
放射能の影響など映像を流すのは「悲惨さ」を伝えるには十分過ぎるほどであるが、戦後60年がたち日本が戦争をしたこと自体知らない、知らなくても生きていける世代にとっては、戦争は身近なものとしては伝わっていない気がして、戦争体験の風化は戦時を生きた人が鬼籍に入るに
従って、急速に進んで行くのではと危惧してました。
おいしいものが、まずたべられなくなります。生きていくためのものさえ食べられなくなります。戦争になれば、「いただきます」もできなくなります。
絵は柔らかくて、大勢が淡々と描かれています。食べ物がなくなってきて
人様のものを失敬するほどになり、「やがて、せんそうはおわりました」。
戦地へ赴いたお父さんは帰ってきたのですかね。
戦争の身体的、精神的、そしてその村や地域や世界に残る継続的な痛みはどう表現されるものなのでしょうか。
2007-09-29 土 05:27:10 | URL | アキヒコ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。