■プロフィール

OLIVE

Author:OLIVE
沖縄と音楽と平和をこよなく愛するOLIVE。 
何気ない毎日に小さな幸せを感じます。
幸せって
人と人が繋がって生きていく 
その中に感じるものかも・・・
日々感じたことなどを時々かいてます。

■□■□■□■□■□■□■□■
主に、子育て中のかあさんたちの
悩みを共に考えていくサポータの
活動をしています。
お話をお聴きしたり、体をリラッ
クスさせるためのケアが中心。
必要な場合は、子育て勉強会も
行っています。
ボランティア(カンパ制)活動で
すので出来る範囲での対応となり
ます。            
※子育て以外の悩みもOK
※子育て中の親以外もOK
□■□■□■□■□■□■□■□
OLIVEプロフィール
「子育ては、一番のPEACE活動」がモットー。
IT関係の会社勤めの傍ら、PEACE・環境・人権関連の活動に関わりながら
主として子どもに関係する活動を行う。
H12年度より、学童保育の地域連絡協議会の活動に加わり、
H16年度会長17年度18年度相談役を努め、連協運営以外に指導員及び保護者から数々の相談を個人的に受ける。
心理学性格学等やボディケアの必要性を感じ、カウンセリング資格を取得。
ボディーサイコサラピーやボディケアのスタディを継続中。
子育て中の親の心のサポータ活動に力を入れています。
日々お話を聴かせて頂くことで、
自分自身の気付きや学びにもなり感謝の毎日です。 
  
資格:
 産業カウンセラー
学び:
・ウィリアム・ライヒの弟子
 アレクサンダー・ローエン
 (医学博士)が創始した
 『バイオエナジェティックス』
 というボディーサイコセラピー
 の勉学に励む。
・子育て関連全般
  講演会、書物
  特に、子どもの権利条約、
  ジェンダー関係に興味を持つ
・鍼灸マッサージ、気功整体

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コシシケレリ・アフリカ
OLIVEは音楽が大好き
子どものときピアノを習っていました
忘れてたけど・・音楽の道に進みたいと思ったこともあったんだっけ
まーでも
音楽の才能が無いことに小学5年で気がついてしまってからは
全くの趣味で30年余

小学校では鼓笛クラブだったんだ 大太鼓やったわ
高校では、バンドしてました ドラム 
社会人になってもちょっと混ぜてもらってキーボードしてました

最近、子OLIVEが買うとんでもなくへたくそな
じゃりたれバンドのお世辞にも音楽とはいえない
のは「カンベン」ですけど
クラシックからヘビメタまでなんでも聴きます
民族系もかなり大好き

OLIVEが最も好きな曲

『コシシケレリ・アフリカ(アフリカに祝福あれ)』

今は、南アフリカ共和国の国歌になっています
初めてこの曲に出会ったのは20代
映画『遠い夜明け』 エンディング

虜になった 良い映画だったってこともあるだろうけど
それだけじゃなくて 涙が止まらなくなった
今でも この曲を聴くと 胸の辺りがなんともいえなくなります。

随分経って
小学一年の子OLIVE 上のパート
OLIVE 下のパートで 何度も歌の練習をしたっけ

この前、ふと「コシシケレリ・アフリカ」覚えとる?
って きいてみたら

歌いだしたんだよ 子OLIVE
そのまま二人で歌いました。
ところどころ歌詞を忘れてるけど 最後まで歌えたのはびっくり

ネットで検索してみたら メロディだけありました(^_^)
  http://www.h2.dion.ne.jp/~hana-t/nkosisikeleli.html

この唄は、アフリカで歌い継がれた聖歌です
アパルトヘイト(南ア政府が行なっていた人種隔離政策)下で
黒人解放運動のシンボルとなっていました。
少数の白人が広い面積で豊かな生活をし
多数の黒人は、狭くて荒れた土地に追いやられ
迫害され続けた弱い立場の人々が、苦しい中集い、
お互いを支えあう時に歌った唄
人種隔離政策が崩壊し、
初の黒人大統領にネルソン・マンデラ氏になったとき
この曲が、南アフリカの国歌となりました。

この唄とであってしばらく
南アフリカ関係の映画
ワールド・アパート、サラフィナの声
観ました

南アフリカの人たちが生で歌う
ミュージカル「アシナマリ」も京都まで行って観ました

東別院に、南アの実情を訴えにアフリカ民族会議(ANC)のかたが
来られる機会があって
お話聞きに行ったりしました。

世界中が、南アフリカに経済制裁をはじめてからも
日本の企業の中で、南アフリカ政府と取引していた会社がたくさんありました
何社かに取引をしないでほしいと葉書を出したりしました

他にもいろんな人権問題はあるのに
なぜこんなに南アに傾向していったのか、わかりません

今も コシシケレリ・アフリカ
懐かしいような 切ないような うまく表現できないけど
熱い想いがこみ上げてきます

アパルトヘイト政策は崩壊したけれど
今尚、多くの問題を抱える 南アフリカ共和国

死ぬまでに一度は訪れたい国の一つです。


スポンサーサイト


テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記

おきにいり | 00:51:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。