■プロフィール

OLIVE

Author:OLIVE
沖縄と音楽と平和をこよなく愛するOLIVE。 
何気ない毎日に小さな幸せを感じます。
幸せって
人と人が繋がって生きていく 
その中に感じるものかも・・・
日々感じたことなどを時々かいてます。

■□■□■□■□■□■□■□■
主に、子育て中のかあさんたちの
悩みを共に考えていくサポータの
活動をしています。
お話をお聴きしたり、体をリラッ
クスさせるためのケアが中心。
必要な場合は、子育て勉強会も
行っています。
ボランティア(カンパ制)活動で
すので出来る範囲での対応となり
ます。            
※子育て以外の悩みもOK
※子育て中の親以外もOK
□■□■□■□■□■□■□■□
OLIVEプロフィール
「子育ては、一番のPEACE活動」がモットー。
IT関係の会社勤めの傍ら、PEACE・環境・人権関連の活動に関わりながら
主として子どもに関係する活動を行う。
H12年度より、学童保育の地域連絡協議会の活動に加わり、
H16年度会長17年度18年度相談役を努め、連協運営以外に指導員及び保護者から数々の相談を個人的に受ける。
心理学性格学等やボディケアの必要性を感じ、カウンセリング資格を取得。
ボディーサイコサラピーやボディケアのスタディを継続中。
子育て中の親の心のサポータ活動に力を入れています。
日々お話を聴かせて頂くことで、
自分自身の気付きや学びにもなり感謝の毎日です。 
  
資格:
 産業カウンセラー
学び:
・ウィリアム・ライヒの弟子
 アレクサンダー・ローエン
 (医学博士)が創始した
 『バイオエナジェティックス』
 というボディーサイコセラピー
 の勉学に励む。
・子育て関連全般
  講演会、書物
  特に、子どもの権利条約、
  ジェンダー関係に興味を持つ
・鍼灸マッサージ、気功整体

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
げんき日記
MROの県教育委員会の番組で
学童保育を取り上げていただくことになりました。\(^O^)/
是非観てくださ~い。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
MRO
「げんき日記 放課後の兄弟~学童保育~」
10/14(土)PM5:15~

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

#ちなみに、


#OLIVEは、子OLIVEが通った学童保育がある市の
#学童保育連絡協議会の相談役なんてことをやっていたりします
#2年前は会長さんでした

昨年、子OLIVEが人権作文で賞をいただいた時、
MROわいわいキッズの取材をうけました。 
その時のディレクターさんから
 いろいろなことに気づくことは多いと思う
 でも なかなか行動にはつながらない
 お母さん なぜ子OLIVEちゃんは、行動がおこせるように
 育っているのかな

というような質問をうけました。

そんなこと思ったこともなかったけど
ちょっと考えてみた・・・
もちろん 一緒に西表のジャングルや石垣島の牧場を一日中歩いたり
沖縄の戦跡を二十数ヶ所巡って
平和ボランティアのO池さんや地元の方々との出会い
ひめゆり学徒隊の生き残り宮良ルリさんなどから直接お話をきいたこと
等の経験もよかったんだろう けど ちょっとちがう
それだけじゃない と思ったとき
あっ そうだ 学童保育だと 気づいた。

子OLIVEの通っていた学童保育は、
子どもたちをひとりひとり大切にするところでした。
とっても元気な子どもたち なんとなく 一昔前の雰囲気!
子どもは遊ぶことが仕事。
「遊びきる」ことの重要性を最近よく耳にするようになりましたが、
なんでもやりきったら、次に進めるのです。
やりきれなかったらそこから先にはいけない。
この学童保育では、体を使って自然に触れ合って思う存分
「本当の遊び」ができるところでした。
子OLIVEは6年間しっかりここで遊びきったんだなと思います。
遊びきっているから、今中学生になった彼女は、
後ろをふりかえらず自分の道を歩んでいる。

もちろん いじめ しかと とっくみあい ものかくし 
そんなの日常茶飯事でした。
その都度、指導員が子どもたちを向き合わせぶつかり合わせてくれて
かんがえさせてくれます。
ただ「なかよくしなくちゃだめよー」「なかまはずれにしないでね」
なんて言葉だけの対応じゃない
仲間はずれにされた子はどうおもったか 
自分がその立場だったらどう思うか
それでもやっぱりなかよくできない・・その気持ちもわかるよ 
どうしてなかまはずれにしちゃうのかな と 
お互い話し合わせてくれるうわけです。何度も何度も・・・
子どもたちの心を受け止め、子どもの心の奥深く触れて、
子どもたちがお互いの心に触れて、
自分の心と仲間の心を感じていく 
本物の人と人のつながりができていく

日頃から、バザーやキャンプをはじめ 行事が多くて大変ねーとよく言われますが
「楽しいだけの中には絆はできない 苦労を共にしてはじめて絆ができる。親同士、親と指導員のその絆が子育てに必要なの」と先輩かあさんから教えられた。
子を中心に 親も指導員も 一緒にそだっていく
そんな学童保育・・・ここに
人のもつ権利 
 ひとりひとりが大事に思われる
 ひとりひとりのことを思いやる

を育む環境があったということ 
子OLIVEは特別なことをしているわけでなく
自然と身についていることしているだけ

そんな話をディレクターさんにしたんだったと思います

次は、子OLIVEの通っていた学童保育を取材したいということになりました。
今年のはじめに、取材放映していただきました。

今回の企画は、その延長線ということになるのかもしれません。
その時のディレクターさんが「げんき日記」に企画を上げてくださって
いたというわけです。

今回は、いずみのクラブを取り上げていただくことになりました。

行政管轄の違う教育委員会の番組に学童保育が取り上げられるって
とてもうれしいことです
今の子どもに何が必要なのか わかってくださったかたがたが
管轄を超えて(学童保育は厚労省 教育委員会は文科省)
今回の企画に関わってくださったってことだもの

子育てに必要なこと
 みんなひとりひとり 受け止めてもらえる人がいるから
 みな、安心して自分をだせる
 そのためには、まわりの大人の適切な援助が絶対必要

学童保育が大事に大事に繋いできた精神です

安心できないところではぶつけられない
安心できないから、不安だからぶつけないし
ぶつけないままだと浅いうわべだけの繋がりしかできない
そのまんまぶつけることを知らずに大人になっちゃう
そんな大人たちが子育てした結果が今の殺伐とした世の中

今、子育てをするにはとても厳しい社会になってしまっています
地域の力が大人の力が弱くなり 大きな社会問題
親がわるいとか先生が悪い という個々の問題ではなく
社会全体の仕組みがおおきくかわってきたから
核家族化 個人主義 リストラ、派遣社員の増加、能力成果主義と
大人たちを取り巻く環境も厳しい
日本はいつの間にか自殺王国になってしまっていること知ってますか?
日本の自殺者数は今年で8年連続3万人超 
人口10万人あたりの自殺者で表される 自殺率」は25.5%
アメリカの2倍です
ストレス社会で、何らかの困難な問題に大人たちも直面している
そんななかで 子どもたちは・・・

たいへんねー しんどいのよー とばかりいっていられないくらい
そろそろ手を打たないといけないくらい
子どもを取り巻く環境は、もーぎりぎりのところまできているように
OLIVEは思ったりします
「子は宝」 
私たちの次の世代を担う 世界を支えるのが 子どもたち
この子たちを社会全体でどう育てていくか
大人たちみんなで真剣に取り組まないといけない気がします
今の大人たちに課せられた使命なんじゃないかと思ったりもします
それには、まず自分をどうするか 子どもたちのために
 
毎日、いやな事件をみる度 本当につらくなります 心に刺さります
すべての人が、事件の加害者にも被害者にもならずにいてほしい
すべての人が毎日いきいきと生きられるようになってほしい
私たち大人の そして自分の 生き様を いつも考えていたいとも思う

ってことで
なんだか話が膨らみすぎた気がしますが

是非観ていただきたいなあ
そして感じたことをどうぞどうぞお知らせくださいませ

ディレクターさん 
ですが
子OLIVEを3度取材してくださっています。
その間にいろいろお話をさせていただき
OLIVEにとってかけがえの無い友人の一人になってしまいました。
リンクの中の『言葉の貝殻』はディレクターmizuhoさんのぶろぐです。
子OLIVEの学童保育を取材してくださったときの思いも綴られています。

 2006年1月
 http://blogs.dion.ne.jp/mimimosimosi/archives/2006-01.html
   1月11日 「最後の砦、学童保育」
   1月29日 「心豊かに生きるには」
スポンサーサイト
子育てのこと | 17:42:36 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
紹介してくださって、ありがとう~。
ほんとに。うれしいです。
たくさんのこと、教えられてます~。感謝。

取材して、カタチにしたものの、たぶん、私自身、まだまだ本当に大事なことを把握できてないようにも思います。子どもって、時々、大人以上に、真理をついたことを言うからです。だから、もしかしたら、大人の思い込みもあるんじゃないかと…そんな部分もあるような気がするのです。

それに、なかなか人と交われなくて、悩んでる子ども達がいることも感じていて、そんな彼らの気持ちに寄り添えなかったなあと…。それは、欲張り過ぎかな。

まだまだ、奥深いということだね。
また、機会をみつけて紹介したいと思います。

でも、見る人に無言のうちに感じてもらえる事もあるだろうし、それに期待してます。

放送が終わったら、取材の裏側を書こうと思ってます。
2006-10-12 木 00:59:37 | URL | mizuho [編集]
4月から
一年生になったら学童に通うひろっち。
だから、絶対に見たい番組です。
2006-10-13 金 07:07:15 | URL | 由美子 [編集]
v-521mizuhoさん
うちはテレビが映らないのでやっぱり
まだみておりません はやくみたいです
取材の裏話もたのしみ
また子どものこといっぱいおはなししたいなあ
2006-10-15 日 21:23:04 | URL | OLIVE [編集]
v-521由美子さん
みました?
ひろっちは、学童の行く前から
学童っ子みたいだよね
mizuhoさんとあったのかな?
2006-10-15 日 21:27:03 | URL | OLIVE [編集]
v-22OLIVEさん
初めておじゃましまぁす。
グルグルな渦の中に今日もいます。
学童は好きなのよ。
だから、ざっくり割り切れないのかな。
…気持ちと現実の距離がだんだんひらいて
心の真ん中がキューキュー言ってるの。
でも、私は今日もここに来ています。
2006-10-16 月 10:10:17 | URL | とき [編集]
v-521ときさん
きてくれたのね ありがと うれしいです
ときさんが学童保育がすきなこと 知ってました。またゆっくり話したいです。
2006-10-17 火 08:08:24 | URL | OLIVE [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。