■プロフィール

OLIVE

Author:OLIVE
沖縄と音楽と平和をこよなく愛するOLIVE。 
何気ない毎日に小さな幸せを感じます。
幸せって
人と人が繋がって生きていく 
その中に感じるものかも・・・
日々感じたことなどを時々かいてます。

■□■□■□■□■□■□■□■
主に、子育て中のかあさんたちの
悩みを共に考えていくサポータの
活動をしています。
お話をお聴きしたり、体をリラッ
クスさせるためのケアが中心。
必要な場合は、子育て勉強会も
行っています。
ボランティア(カンパ制)活動で
すので出来る範囲での対応となり
ます。            
※子育て以外の悩みもOK
※子育て中の親以外もOK
□■□■□■□■□■□■□■□
OLIVEプロフィール
「子育ては、一番のPEACE活動」がモットー。
IT関係の会社勤めの傍ら、PEACE・環境・人権関連の活動に関わりながら
主として子どもに関係する活動を行う。
H12年度より、学童保育の地域連絡協議会の活動に加わり、
H16年度会長17年度18年度相談役を努め、連協運営以外に指導員及び保護者から数々の相談を個人的に受ける。
心理学性格学等やボディケアの必要性を感じ、カウンセリング資格を取得。
ボディーサイコサラピーやボディケアのスタディを継続中。
子育て中の親の心のサポータ活動に力を入れています。
日々お話を聴かせて頂くことで、
自分自身の気付きや学びにもなり感謝の毎日です。 
  
資格:
 産業カウンセラー
学び:
・ウィリアム・ライヒの弟子
 アレクサンダー・ローエン
 (医学博士)が創始した
 『バイオエナジェティックス』
 というボディーサイコセラピー
 の勉学に励む。
・子育て関連全般
  講演会、書物
  特に、子どもの権利条約、
  ジェンダー関係に興味を持つ
・鍼灸マッサージ、気功整体

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
61年前の長崎広島
今日は8月9日
61年前 長崎に原爆が落とされた日です
三日前の8月6日 広島にも
地獄・・・

昨年の夏
朗読劇 『この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ』
を知り合いのカリスマ主婦milkyさんのお勧めで
観にいきました

以下 この子たちの夏のHPより 
-------
1985年にはじめてから22年
語り継ぐ「あの日」の記憶
1945年 8月6日 広島、そして8月9日 長崎

1985年の初演時は、ちょうど被爆40年にあたる年でした。
6人の女優が、被爆した親子の手記を読む



この静かな作品は、舞台構成のシンプルさとあいまって、
初演当初から大きな反響を呼びました。
現在もなお、聞く人の心を揺さぶり続けています。
地人会では
6人の女優とともに、毎年夏になると全国を巡演しています
広島と長崎への原爆投下という出来事が、
海外では“ヒロシマ・ナガサキ”として平和運動の象徴とされている
一方、
国内では逆に、被爆体験は単なる歴史上の一事件であると見なし、
不運な過去の記憶として忘れ去ろうという風潮があります。
しかし、戦争による唯一の被爆体験を持つ私たちが、この記憶を
礎(いしずえ)としなければ、
あの出来事に一体何の意味があるでしょうか?
あの出来事の中で浮かび上がってくるのは、被爆者の悲惨だけではありません。
母なるものの情愛の深さ、子供たちの未来と平和への願いと祈り
「生き抜く強さ」に代えてゆくべき凛とした思い、
そういう気持ちで胸が満たされるのを、きっと感じることでしょう
------

milkyさんにおねがいされ感想を書くことになりました
OLIVEは、この日感じたことをなかなか表現できませんでした
何日もかかりました。
なくならないようにここにあげておこうと思います。


□この子たちの夏 を観て□
朗読劇のあと、こみあげる涙と感情でしばらく席を立つことができませんでした。
ほとんど人がいなくなるまで泣いていました、
うまく言えないけど、胸がぎゅーとなって、
一緒に来れなかった娘にすぐ会いたいと思いました。
家に帰ると、ちょうど娘が外出先から戻ったところで、私は、おもわず思いっきり抱きしめていました。
いつもは「さわらんといて」と冷たい娘(思春期真っ只中)ですが、わーわー泣きながら抱きしめる私に、
「この子・・・私も行きたかったよ」と言って暫く寄り添ってくれました。
原爆、沖縄戦、中国などアジア諸国への侵略、特攻、満州からの引き揚げ等、先の戦争について
少しずつ学んできた私達。本当のことを知る度、幾度となく涙してきました。
それらのどれとも違う「この子」で湧き出てくる涙。
戦時中ではあったけれど、普通に私たちと同じように生活をしている人々に突然ふりかかった悲劇。
極限状態の中、子を親を想う親子の愛、家族の絆が強く心を揺さぶります。
どんな悲惨な記録、写真、映像よりも強く強く胸に響く。
私は・・・女優さんたちの体、声に「この子たち」が降りてきたように感じました。
想いを残そうとペン取るのだけど、涙がこみ上げいっこうに進みません。
印象に残っている言葉を思い浮かべては泣いて、ペンを握っては泣いて・・
先日、「今の日本、国を想う心が若者から消えた。だから世の中おかしくなっている。
早く間違った憲法を正し、日本国の精神をとりもどすべき」と、
終戦時軍に所属していたという方が言われたのを聞きました。
とても複雑で、不快な気持ちになってしまいました。
国をおもう、国を守る精神っていったいなんだろう・・・
平和憲法をかえて取り戻す日本国の精神って・・・よくわからない。
命を代償に 守らなければいけないものなどないと私は思います。
朗読劇を思い返す・・
「びわの花が咲いたら
 もも山のももが咲いたら
 はらんきょうが小指の先になったら
 おまえたち
 もどってきておくれ」
私は、絶対イヤです。戦争は絶対だめ!
-------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
PEACE | 21:03:59 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
教科書に「碑」という題名で
広島のある中学校が全員原爆で亡くなっていった
そんなドキュメントがのっています。
初めて読んだときに涙が出ました。
お母さんがすぐに行くよというと「ゆっくりでいいから」と
先に旅立っていった中学生の男の子。
母として読んだときに、いいようのない子供への思いを
感じました。

戦争は絶対に嫌です。
なんでするんだろう?
勝っても絶対に傷ついている人がたくさんいるのに。
戦争反対って大きな声でいいづらい雰囲気の
今はどうかしています。

2006-08-10 木 06:24:09 | URL | 由美子 [編集]
岳くん80%回復 夏バテとストレス(?)か この所色々な人が出入りしていますからですかネ 
2006-08-10 木 20:05:10 | URL | 岳ちゃんだワン!ワン! [編集]
v-521由美子さん
「ゆっくりでいいから」・・・
この子たちの夏 にもありました
ずーっと先、いやそんなに先じゃないかも
子OLIVEに
ひどいじゃない
なんでママたちはこんな世の中のなるのを
黙ってみていたのよ
とだけは言われたくないと思っています
だめなものはだめ
おかしいものはおかしい
きちんと言える1人の人間でいたい
子OLIVE
道徳の授業ででてきた「国を愛する心」に
「国も愛する心」のほうかいいね と
私もそうおもいました。
2006-08-12 土 00:38:01 | URL | OLIVE [編集]
v-521岳くん
無理なさらずに
2006-08-12 土 00:39:51 | URL | OLIVE [編集]
岳ちゃん100%回復。ラジオ体操会場で無事ワンワンしました。ちょっぴり眠いかな。
2006-08-12 土 07:20:44 | URL | 岳ちゃんだワン!ワン! [編集]
v-521岳ちゃん
よかったね
ラジオ体操でわんわんするv-362
2006-08-13 日 07:30:32 | URL | OLIVE [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。