■プロフィール

OLIVE

Author:OLIVE
沖縄と音楽と平和をこよなく愛するOLIVE。 
何気ない毎日に小さな幸せを感じます。
幸せって
人と人が繋がって生きていく 
その中に感じるものかも・・・
日々感じたことなどを時々かいてます。

■□■□■□■□■□■□■□■
主に、子育て中のかあさんたちの
悩みを共に考えていくサポータの
活動をしています。
お話をお聴きしたり、体をリラッ
クスさせるためのケアが中心。
必要な場合は、子育て勉強会も
行っています。
ボランティア(カンパ制)活動で
すので出来る範囲での対応となり
ます。            
※子育て以外の悩みもOK
※子育て中の親以外もOK
□■□■□■□■□■□■□■□
OLIVEプロフィール
「子育ては、一番のPEACE活動」がモットー。
IT関係の会社勤めの傍ら、PEACE・環境・人権関連の活動に関わりながら
主として子どもに関係する活動を行う。
H12年度より、学童保育の地域連絡協議会の活動に加わり、
H16年度会長17年度18年度相談役を努め、連協運営以外に指導員及び保護者から数々の相談を個人的に受ける。
心理学性格学等やボディケアの必要性を感じ、カウンセリング資格を取得。
ボディーサイコサラピーやボディケアのスタディを継続中。
子育て中の親の心のサポータ活動に力を入れています。
日々お話を聴かせて頂くことで、
自分自身の気付きや学びにもなり感謝の毎日です。 
  
資格:
 産業カウンセラー
学び:
・ウィリアム・ライヒの弟子
 アレクサンダー・ローエン
 (医学博士)が創始した
 『バイオエナジェティックス』
 というボディーサイコセラピー
 の勉学に励む。
・子育て関連全般
  講演会、書物
  特に、子どもの権利条約、
  ジェンダー関係に興味を持つ
・鍼灸マッサージ、気功整体

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
太陽の子
太陽の子 太陽の子
灰谷 健次郎 (1998/06)
角川書店

この商品の詳細を見る


灰谷文学の代表作。
灰谷 健次郎さんの作品は、どれも大好きですが
この本への思い入れ とても深いです。
単に


”すき”、”お気に入り”というのではなく
多くのことをこの本から学び、感じた作品です。
沖縄に通いだすずーっと前に出会ったこの本。
私の人生の中に食い込んだ一冊です。

子OLIVEが小6の時、
読書感想文を書くんだけど、なにがいいかな?
と相談され、他の本数冊とこの本を薦めてみた。
子OLIVEの好みは、いつも他の子どもとちょっと違っていて
ハリーポッターのようなファンタジー、アドベンチャーものは、
まったくはまらなかった。。。。
でもやっぱり「太陽の子」は、予想通り!!
夢中で読んでいたのを覚えています。そういえば
感想文で優良賞(だったかな?)をもらってきてたかな?

****************************************************************
・・・てだは太陽、ふあは子
・・・てだのふあはふうちゃんのことなんや。太陽の子ふうちゃんというわけよ。
・・・な、おじやん

神戸にある小さな沖縄料理店「てだのふぁ・おきなわ亭」は、沖縄の言葉で「太陽の子」を意味する。
この「てだのふぁ」という店の名は、一人娘で小学校6年生の「ふうちゃん」が明るく育つように祈りをこめて命名された。
この料理店に来るお客さんは、沖縄出身者ばかり。
この店がリトル・オキナワであったわけです。
やさしい常連さんたちに囲まれて明るく育ったふうちゃんですが、
六年生になった頃、おとうさんが心の病気で苦しむようになる。
おとうさんの病気の原因は何なのか? 

・・・人間のくらしに必要なもんとそうでないもんとの区別のつかん人間はわやになるね
・・・沖縄の人はえらいね。
・・・そこがちゃんとしとるさかい人間の中でも上等が多い。

ふうちゃんは、「沖縄と戦争」にその鍵があることに気づきはじめる…。
戦争は本当に終わっているのだろうか。
なぜおとうさんの心の中でだけ戦争は続くのか?
おとうさんの心の傷を少しでも治してあげたいという思いから、
沖縄の戦争を学んでいきます。
沖縄の人々のやさしさ
ほんとうに、人に言えないほどつらく、悲しい出来事の中から
生まれてきたのだという事も

・・・いい人ほど勝手な人間になれないから、つらくて苦しいのや。
・・・人間が動物とちがうところは、他人の痛みを、
   自分の痛みのように感じてしまうところなんや
・・・ひょっとすれば、いい人というのは、自分のほかに、どれだけ、
   自分以外の人間が住んでいるかということで決まるのやないやろかと、
   ふうちゃんは海を見ているゴロちゃんやキヨシ少年を見て思った。

『太陽の子』を執筆していた時、灰谷氏は神経症を患っていたそうです。
不安と恐怖感は増幅し、死をも選びかねないという苦しみの中から生まれた
『太陽の子』は「兄の死を通して、“生”の根源的な意味を考える」
為に書かれた作品なんだそうです。
『太陽の子』の執筆で、もっと深く『生』を突き詰めたのかもしれません。
***************************************************************
スポンサーサイト
おきなわ | 00:01:45 | Trackback(2) | Comments(8)
コメント
私も何度となく灰谷作品はよんでいるのだが
この記事をみて
久しぶりに「太陽の子」を読んでみようかと思う。

心の問題にはまったく目が向いていない頃に
学生の頃に読んだ時と
何かが違ってみえそうな予感。

いい人ほどつらい世の中・・・
それって一体どういうことなんでしょうね。
正直者がバカをみるっていうのが許せない私です。
2006-08-03 木 09:21:22 | URL | 由美子 [編集]
v-521由美子さん
私も、又読みたくなっています。
その時々で感じるものが違うんですよね~

正直者がバカをみる ホントにいやですね

せめて
辛い思いをたくさんする人は、
そうでない人とは違って
この世に、何かすべき役割をもって
生まれてきている のかも
そう思えたらいいのですが

2006-08-04 金 00:48:33 | URL | OLIVE [編集]
時の流れ
・先日お会いしました。
・プログに太陽の子を見つけた。
・ピースボート地球一周の旅の資料が一週間
ほどで昨日送ってきた。来年の9月の船には灰谷健次郎さんが乗船と書いてあった。
(ピースボートの地球大学共同学長だから何回も乗っていると思われる)
一層乗りたくなった。
・亡くなったとニュースで知った。
兎の眼を読んだのは学生時代。本で泣けたのは初めてだった。その後すぐ太陽の子を読んだ。
東西冷戦とか冷たい戦争、南北問題で今にも地球破滅、ノストラダムスの地球最後の日を本当に信じていた頃。
あれから30年余り。
毎日地球上で命を落としている人は今の方が多い気がする。だからといって昔がいいとは言わない。
灰谷さんは未来に何を見ていたのだろう。
同床同夢が真実になりますように。
2006-11-23 木 20:51:30 | URL | アキヒコ [編集]
v-521アキヒコさん
 先日もどうもでした
 アキヒコさんのお話にいつも強い想いを感じ
 私の胸の奥がぐいぐい突かれます
 灰谷さんなくなってしまいましたね
 来年ピースボードに乗られるのでしたか
 いつかは一緒に乗りたかったのに
 アキヒコさん乗られるの?
 ピースボートの報告会で知り合ったほっしー
 というおねえさんと
 沖縄・辺野古の活動を一緒にしています(休止状態だけど)
 ピースボートで多くを感じ考えたい
 私も子OLIVEも前から思ってます 
2006-12-08 金 12:00:14 | URL | OLIVE [編集]
太陽の子かなり感動しましたv-409
読み始めて即はまってすぐ読み終わっちゃいました。
あれは一生に一度は呼んだほうがいい作品なのではないのでしょうか?
2007-09-02 日 12:53:51 | URL | [編集]
v-521?さん
コメントありがとうございます
私も、たくさんの方々に読んでいただきたい本
だと思っています。
はまりますよー あっという間に読み終えてしまいます。
灰谷ワールドに引き込まれてしまいます
2007-09-02 日 18:18:39 | URL | OLIVE [編集]
兎の目といい、太陽の子といい、灰谷ワールドいいですね。
何故に児童書?と思います。
いくつになっても、いろんな意味で、理解できる本だと思います。

関西弁なので、心にストレートに入ってきました。
ちむぐるさぁの言葉の意味がよくわかりました。

教科書検定問題、、、等、、、沖縄にはまだまだ、ちむぐるさぁな気持ちが
渦巻いているような気がします。
2007-10-15 月 23:38:24 | URL | らっく [編集]
ちむぐるさぁ
児童文学の分野なんでしょうが
すっきりした感動じゃ ないんです 灰谷作品
この感動、自分の心の何を震わせているのか
わからない・・・
灰谷健次郎自身の苦しさが
作品には練りこまれているんだろう ということを感じます

ちむぐるさぁ = 心(肝)が苦しい 

沖縄のちむぐるさぁ を 題材に 
灰谷健次郎は、自身のちむぐるさぁ を 重ねて
表現したんじゃないかと 勝手に思っています。

灰谷さんが 沖縄に傾向していった 理由 なのかも
そこに見せられる 自分も 
同じような 何かを 肝にもっているのか・・・

そんなことを考えたり することも あります。

話は それてしまいました

沖縄のちむぐるさぁ
本土の自分は まず 知りたい いや
本土の人みんなに 知って欲しい と思う。
まず 歴史をしり 心を感じる・・

お互いが お互いを 知り 感じて お互いを理解し想いあう
それができたら ちむぐるさぁ は どっかいっちゃうよね

そうなる日が いつか来ますように








2007-10-16 火 19:26:35 | URL | OLIVE [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

少女の器
灰谷健次郎さんの本で初めて呼んだのが、この「少女の器」でした。。。以来、灰谷健次郎さんの本を読みあさりました。何冊も灰谷健次郎さんの本を読んで、思ったのですがこの本だけはなんとなく雰囲気が違います。他の本も興味深く、楽しく読ませてもらいましたが、この本 2006-08-06 Sun 20:55:26 | meicyonとちゃらんぽらんな毎日♪
【心の本】太陽の子
以前も紹介したとおり、灰谷健次郎さんの本が好きで主な作品は一通り読みました。太陽の子も例外ではなく、随分前に読んだのですが・・・・・内容をあまり覚えていないのと、他の作品と内容がごっちゃになったのと・・・で読み返してみました。 灰谷 健次郎 太陽の 2006-10-18 Wed 05:55:02 | meicyonとちゃらんぽらんな毎日♪

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。