■プロフィール

OLIVE

Author:OLIVE
沖縄と音楽と平和をこよなく愛するOLIVE。 
何気ない毎日に小さな幸せを感じます。
幸せって
人と人が繋がって生きていく 
その中に感じるものかも・・・
日々感じたことなどを時々かいてます。

■□■□■□■□■□■□■□■
主に、子育て中のかあさんたちの
悩みを共に考えていくサポータの
活動をしています。
お話をお聴きしたり、体をリラッ
クスさせるためのケアが中心。
必要な場合は、子育て勉強会も
行っています。
ボランティア(カンパ制)活動で
すので出来る範囲での対応となり
ます。            
※子育て以外の悩みもOK
※子育て中の親以外もOK
□■□■□■□■□■□■□■□
OLIVEプロフィール
「子育ては、一番のPEACE活動」がモットー。
IT関係の会社勤めの傍ら、PEACE・環境・人権関連の活動に関わりながら
主として子どもに関係する活動を行う。
H12年度より、学童保育の地域連絡協議会の活動に加わり、
H16年度会長17年度18年度相談役を努め、連協運営以外に指導員及び保護者から数々の相談を個人的に受ける。
心理学性格学等やボディケアの必要性を感じ、カウンセリング資格を取得。
ボディーサイコサラピーやボディケアのスタディを継続中。
子育て中の親の心のサポータ活動に力を入れています。
日々お話を聴かせて頂くことで、
自分自身の気付きや学びにもなり感謝の毎日です。 
  
資格:
 産業カウンセラー
学び:
・ウィリアム・ライヒの弟子
 アレクサンダー・ローエン
 (医学博士)が創始した
 『バイオエナジェティックス』
 というボディーサイコセラピー
 の勉学に励む。
・子育て関連全般
  講演会、書物
  特に、子どもの権利条約、
  ジェンダー関係に興味を持つ
・鍼灸マッサージ、気功整体

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【お知らせ】午後の音楽会
子OLIVEが所属する大人のオケも出演する演奏会があります。

良かったら聴きに来てくださいませ♪

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
東京音楽大学校友会石川県支部演奏会
午後の音楽会

 9月1日(土)
 金沢市アートホール 金沢市本町2-15-1 日航ホテル横ポルテ6F
 開場14:30 開演15:00
 チケット 一般1,000円 高校生以下500円


 演奏曲目
  ベートーヴェン ピアノソナタ第15番 Op.28
          「田園」より第一楽章
               ピアノ  : 小野井 千紗
  アンドレ    納骨堂
               ハープ  : 山徳 理紗
  ダマーズ    パントマイム
               フルート : 安島 愛理
               マリンバ : 竹宮 純子
  ホロヴィッツ  ユーフォニュウムコンチェルトより
          第一楽章
               ユーフォニュウム : 西畑 早彩
               ピアノ  : 小野井 千紗
  千秋次郎    フルートとハープのための七つの遠い思い出
               フルート : 赤尾 明紀
               ハープ  : 土田 智子
 
 ■管弦楽■ (モーツァルトアカデミー室内管弦楽団)
  ヴィヴァルディ シンフォニア
           1.アレグロモルト 2.アンダンテ 3.アレグロ
  バッハ     フーガ ト短調

 ■声楽■ ソプラノ:北川裕美子
      伴奏:モーツァルトアカデミー室内管弦楽団
  スカルラッティ Le Violette すみれ
  アルディーティ Il bacio くちづけ
  モーツァルト  Exsultate jubilate KV165より
          1.Exsultate
  

東京音大 卒業生・在校生によるコンサートです。
子OLIVEはもちろん東京音楽大学にはいっていませんが
所属するモーツァルトアカデミー室内管弦楽団の指揮者
(子OLIVEのヴァイオリンの先生)とコンマスが
東京音楽大学出身者のため出身者が率いる楽団ということで
出演させてもらっています。


スポンサーサイト
子OLIVE | 18:45:23 | Trackback(0) | Comments(0)
子OLIVE 最高の夏 -続報-
子OLIVE 最高の夏
 http://olive8843.blog57.fc2.com/blog-entry-77.html

でコンクールの報告をしましたが
昨日、一通のはがきがきました

はがき は
 先日のコンクール優秀賞受賞者の中からさらに審査委員会で
 選出した「審査委員賞」のお知らせでした

OLIVE 倒れそうになるくらい びっくり 

11/11(日) コンクール会場だった大阪ザ・フェニックスホールにて
コンクールで審査員特別賞及び審査員賞受賞者の発表演奏会&授与式
があるそうです。

約200人近く参加した中で選ばれた17人の演奏。これは楽しみです♪
そのなかで、子OLIVEも演奏させていただきます。

ヴァイオリンをはじめるのもそれほど早かったわけでもなく
学童期は、
思いっきり学童保育で遊びを中心に放課後の生活を満喫してたので
ヴァイオリンの先生から破門通告もうけたくらいでした。
「学童を選ぶかヴァイオリンを選ぶか」と5年生の終わりに
つきつけられたっけ・・・
どちらもやめたくないというし、
OLIVEは、学童保育をやめてまでヴァイオリンをやってほしいとは
思わなかった
(それだけすばらしいところだったのよ あの子が通っていた学童がね)
先生ととことこ話しんなんなーと腹をくくって教室に行った覚えがあります
両方やめたくないと本人がいっていること
うちは母子家庭であり
学童保育やめて放課後家にいるようになったとしても
あの子がヴァイオリンの練習をするとは思えない
また、家に私がいるわけではないので助言もできない ということ
あの子が通っている学童保育が、どれほど子どもにとって大事なところか
人として育まれていく過程で、本当に必要なものがそこにあるし
私にとっても必要であること を 先生に伝えました。
今思えば、なんとおそろしいことをしたんだろうと思うけど
三時間お話をし、最後には
「わしががまんしておしえんなんってことや
 そのかわり、6年生の間は土日は一日中練習にこい
 中学になったら毎日やぞ」と言っていただき
首がつながったんです

その夏、ヴァイオリンの合宿
(教室の子ども達が2泊3日で夏休み練習合宿をします)
で子OLIVEは小さな子どもたちの面倒を自然にみていたらしく
こぼしたものをさりげなくふいてやったり 
ホームシックの子をなぐさめたり良いおねえちゃん役をしていたらしいです それに気がついた先生は、
学童保育をやめないといいはった母の気持ちを理解してくださいました。
うれしかったなー 子どもにとって何が大事かをわかってくださったわけですあの子がヴァイオリンを習い続けたいというのであれば
この先生にと思いました。

子OLIVE、真剣に練習しだしたのは中学に入ってからです
この世界では、小さいころからやっているこが多く
子OLIVEは、ゆっくりゆっくり自分のペースでヴァイオリンに
向き合ってきたので、コンクールの課題曲のなかでも最年長。

まさか 審査員賞 がいただけるなんて・・・

自分がすきなこと やりたいこと
本当に強い力をうみだすんですね

自分の人生
歩む道は自分できりひらく
歩んでいく道は、自分の足で歩む

もうすでに、
わが娘は 自分の道を自分で選び歩む力をもっている

いつのまにか生きていく力を備えちゃいましたね

まだまだ中学生だし将来どうなるかはわからないけど
この力さえあれば なにがあろうとしっかり生きていけます

親としてはちょっぴりさみしいけど
娘にしがみつかず 自分のチャレンジに向かっていこうと
あらためて思いました。

子どもと共に私も育ててもらっています

子OLIVE | 18:30:09 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。