■プロフィール

OLIVE

Author:OLIVE
沖縄と音楽と平和をこよなく愛するOLIVE。 
何気ない毎日に小さな幸せを感じます。
幸せって
人と人が繋がって生きていく 
その中に感じるものかも・・・
日々感じたことなどを時々かいてます。

■□■□■□■□■□■□■□■
主に、子育て中のかあさんたちの
悩みを共に考えていくサポータの
活動をしています。
お話をお聴きしたり、体をリラッ
クスさせるためのケアが中心。
必要な場合は、子育て勉強会も
行っています。
ボランティア(カンパ制)活動で
すので出来る範囲での対応となり
ます。            
※子育て以外の悩みもOK
※子育て中の親以外もOK
□■□■□■□■□■□■□■□
OLIVEプロフィール
「子育ては、一番のPEACE活動」がモットー。
IT関係の会社勤めの傍ら、PEACE・環境・人権関連の活動に関わりながら
主として子どもに関係する活動を行う。
H12年度より、学童保育の地域連絡協議会の活動に加わり、
H16年度会長17年度18年度相談役を努め、連協運営以外に指導員及び保護者から数々の相談を個人的に受ける。
心理学性格学等やボディケアの必要性を感じ、カウンセリング資格を取得。
ボディーサイコサラピーやボディケアのスタディを継続中。
子育て中の親の心のサポータ活動に力を入れています。
日々お話を聴かせて頂くことで、
自分自身の気付きや学びにもなり感謝の毎日です。 
  
資格:
 産業カウンセラー
学び:
・ウィリアム・ライヒの弟子
 アレクサンダー・ローエン
 (医学博士)が創始した
 『バイオエナジェティックス』
 というボディーサイコセラピー
 の勉学に励む。
・子育て関連全般
  講演会、書物
  特に、子どもの権利条約、
  ジェンダー関係に興味を持つ
・鍼灸マッサージ、気功整体

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【お知らせ】午後の音楽会
子OLIVEが所属する大人のオケも出演する演奏会があります。

良かったら聴きに来てくださいませ♪

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
東京音楽大学校友会石川県支部演奏会
午後の音楽会

 9月1日(土)
 金沢市アートホール 金沢市本町2-15-1 日航ホテル横ポルテ6F
 開場14:30 開演15:00
 チケット 一般1,000円 高校生以下500円


 演奏曲目
  ベートーヴェン ピアノソナタ第15番 Op.28
          「田園」より第一楽章
               ピアノ  : 小野井 千紗
  アンドレ    納骨堂
               ハープ  : 山徳 理紗
  ダマーズ    パントマイム
               フルート : 安島 愛理
               マリンバ : 竹宮 純子
  ホロヴィッツ  ユーフォニュウムコンチェルトより
          第一楽章
               ユーフォニュウム : 西畑 早彩
               ピアノ  : 小野井 千紗
  千秋次郎    フルートとハープのための七つの遠い思い出
               フルート : 赤尾 明紀
               ハープ  : 土田 智子
 
 ■管弦楽■ (モーツァルトアカデミー室内管弦楽団)
  ヴィヴァルディ シンフォニア
           1.アレグロモルト 2.アンダンテ 3.アレグロ
  バッハ     フーガ ト短調

 ■声楽■ ソプラノ:北川裕美子
      伴奏:モーツァルトアカデミー室内管弦楽団
  スカルラッティ Le Violette すみれ
  アルディーティ Il bacio くちづけ
  モーツァルト  Exsultate jubilate KV165より
          1.Exsultate
  

東京音大 卒業生・在校生によるコンサートです。
子OLIVEはもちろん東京音楽大学にはいっていませんが
所属するモーツァルトアカデミー室内管弦楽団の指揮者
(子OLIVEのヴァイオリンの先生)とコンマスが
東京音楽大学出身者のため出身者が率いる楽団ということで
出演させてもらっています。


スポンサーサイト
子OLIVE | 18:45:23 | Trackback(0) | Comments(0)
子OLIVE 最高の夏 -続報-
子OLIVE 最高の夏
 http://olive8843.blog57.fc2.com/blog-entry-77.html

でコンクールの報告をしましたが
昨日、一通のはがきがきました

はがき は
 先日のコンクール優秀賞受賞者の中からさらに審査委員会で
 選出した「審査委員賞」のお知らせでした

OLIVE 倒れそうになるくらい びっくり 

11/11(日) コンクール会場だった大阪ザ・フェニックスホールにて
コンクールで審査員特別賞及び審査員賞受賞者の発表演奏会&授与式
があるそうです。

約200人近く参加した中で選ばれた17人の演奏。これは楽しみです♪
そのなかで、子OLIVEも演奏させていただきます。

ヴァイオリンをはじめるのもそれほど早かったわけでもなく
学童期は、
思いっきり学童保育で遊びを中心に放課後の生活を満喫してたので
ヴァイオリンの先生から破門通告もうけたくらいでした。
「学童を選ぶかヴァイオリンを選ぶか」と5年生の終わりに
つきつけられたっけ・・・
どちらもやめたくないというし、
OLIVEは、学童保育をやめてまでヴァイオリンをやってほしいとは
思わなかった
(それだけすばらしいところだったのよ あの子が通っていた学童がね)
先生ととことこ話しんなんなーと腹をくくって教室に行った覚えがあります
両方やめたくないと本人がいっていること
うちは母子家庭であり
学童保育やめて放課後家にいるようになったとしても
あの子がヴァイオリンの練習をするとは思えない
また、家に私がいるわけではないので助言もできない ということ
あの子が通っている学童保育が、どれほど子どもにとって大事なところか
人として育まれていく過程で、本当に必要なものがそこにあるし
私にとっても必要であること を 先生に伝えました。
今思えば、なんとおそろしいことをしたんだろうと思うけど
三時間お話をし、最後には
「わしががまんしておしえんなんってことや
 そのかわり、6年生の間は土日は一日中練習にこい
 中学になったら毎日やぞ」と言っていただき
首がつながったんです

その夏、ヴァイオリンの合宿
(教室の子ども達が2泊3日で夏休み練習合宿をします)
で子OLIVEは小さな子どもたちの面倒を自然にみていたらしく
こぼしたものをさりげなくふいてやったり 
ホームシックの子をなぐさめたり良いおねえちゃん役をしていたらしいです それに気がついた先生は、
学童保育をやめないといいはった母の気持ちを理解してくださいました。
うれしかったなー 子どもにとって何が大事かをわかってくださったわけですあの子がヴァイオリンを習い続けたいというのであれば
この先生にと思いました。

子OLIVE、真剣に練習しだしたのは中学に入ってからです
この世界では、小さいころからやっているこが多く
子OLIVEは、ゆっくりゆっくり自分のペースでヴァイオリンに
向き合ってきたので、コンクールの課題曲のなかでも最年長。

まさか 審査員賞 がいただけるなんて・・・

自分がすきなこと やりたいこと
本当に強い力をうみだすんですね

自分の人生
歩む道は自分できりひらく
歩んでいく道は、自分の足で歩む

もうすでに、
わが娘は 自分の道を自分で選び歩む力をもっている

いつのまにか生きていく力を備えちゃいましたね

まだまだ中学生だし将来どうなるかはわからないけど
この力さえあれば なにがあろうとしっかり生きていけます

親としてはちょっぴりさみしいけど
娘にしがみつかず 自分のチャレンジに向かっていこうと
あらためて思いました。

子どもと共に私も育ててもらっています

子OLIVE | 18:30:09 | Trackback(0) | Comments(2)
子OLIVE 最高の夏
『子OLIVEの夏』といえば・・・ヴァイオリンのコンクール

8/19(日)大阪で開催された関西弦楽コンクールに参加しました
今回で三回目になります

昨年もいろいろ大変でした そういえばブログに書いたっけ
 コンクールの報告
  http://olive8843.blog57.fc2.com/blog-entry-25.html

今年の課題曲は
 エックレス作曲のソナタ ト短調 の第一楽章第二楽章

きかせる旋律の第一楽章 踊るような第二楽章(苦手な三拍子)です
練習し始めのころは音程をとるのが難しく くせもの
美しい旋律の曲なので、
いかに自分の音楽の顔を作るかが試されるなかなかにくい課題曲です
うまく弾けるようになってくると 華があり 聴き応えのある素敵な曲
昨年のエアヴァリエも好きでしたが、今年のこの曲もOLIVEは大好きです

来年は高校生になるので、コンクールに参加するのは今年が最後
と子OLIVEは自分で決めてみんなにも言っていました
へーそんなんだ とOLIVE

先生からは、昨年弓の毛を張らずにでたことを
数え切れないくらい言われ(一生言い続けるらしい)
優秀賞か優良賞じゃなければ破門とも言われていました

いろんなプレッシャー あったようですが
自分の目標をしっかりたてていたようで
それはそれは、凄い努力をしていました

一番すごいなーと思ったのは
去年、精神的面でぐらぐらだった子OLIVE
今年は、先生からの罵倒にも立ち向かっていき(親としては、はらはらしますが)めげなくなったこと!
それと同時に、子OLIVEの音楽ってものがこちらからみてても明確になってきた ようにOLIVEは感じました

OLIVE 難しいことはわからないけど
子OLIVEの演奏が、日に日に素敵になっていって
時々聴きほれちゃうこともあって 
親としては、
一つのことにコレだけ努力し集中できる娘の成長だけで もう満足
おまけにきれいな音色を目の前で奏でてくれる
ありがたい  
 
娘がプレッシャーに向かって行ってるときに
幸せに浸ってる場合じゃないわなー
私の使命は 子OLIVEの精神面のサポート よね
やっぱり 一週間前あたりから きましたきました
彼女のぐるぐる ぐらぐら 
私のほうが、いま揺らぎがない時期だったのは
とってもよかったのかもしれない 
まったくといっていいほど こちらは自然体で受け止められました

結果ではなく 努力した過程を 今までも子育ての中で大事にしてきた
頑張っていることを褒めてきたし 
彼女の存在を誇りに思い、彼女の存在を認めている
そう伝えることにも努めてきた つもり
いつもの通りのOLIVE

他に私が出来ることをちょっと考えてみた
ヴァイオリンの技術はわかんないレベルになっているから
なんもできないけど 大事にすることを
改めて声に出して子OLIVEに伝えてみよう・・・そう思った

・ヴァイオリンくん弓ちゃんに感謝してね 一緒に頑張ってもらわんなんしね
 いっぱいお話してあげてね
・いつもお世話になっている教室のトイレ掃除をしようか
・競争しないでね 競うのはいいけど争わなくていいんだよ
・自分のためにどんな音楽を作りたいかイメージしてみない?
・ヴァイオリンの素材は木
 自然の恵みを、自然のバイブレーションをしっかり感じてみよう
 自分の足で立っていることを感じて グラウディングして!
 あなたが大地からのエネルギーを受け取れなかったら
 ヴァイオリンくんは鳴らないよ
・地球・宇宙のなかで生かされていることを忘れないで 感謝だよ
 
コンクール一週間前
 自然を感じるため 小学校のとき通っていた学童のキャンプに
 OBとして参加。 子ども世話係でお手伝いしながら、自然と戯れる。
コンクールの数日前
 おうちの玄関に、やもちゃん(やもり)がでたの
 この辺りのやもちゃんより色が薄くて、沖縄のやもちゃんにそっくり
 「けっけっけ」とは ないてくれなかったけど 縁起がいいぞ~
コンクール当日
 会場に入る前、会場の近くにあるお初天神にご挨拶
 境内で10分ほど練習させていただいた ざわーっと気持ちの良い風
 これもいい感じ

14:00頃 子OLIVEの演奏
 100%のできではないけど、きれいにまとまった演奏ができていました
 とOLIVEは思って 演奏終了後 舞台袖へ
 そこにはびーびー泣いている子OLIVEの姿?????
 「は~??? どしたん?」
 「ぜんぜん弾けんかったああああああああああ」と泣き崩れる
 出演前の子ども達の迷惑になるといけないので
 とりあえず1Fのロビーに連れてって 座らせる 
 20分くらいなき続けてようやく泣き止んだとおもったら
 「あーあー最後のコンクールやったんに」「先生にやめさせられるかも」
 と めずらしくネガティブな発言
 何を言っても聞く耳もたずってかんじだったので
 とりあえず横でぴたっとひっついて座っていましたよ
14:45頃 結果発表
 賞状をもらった子OLIVE 即座にこちらをみて満面の笑み
 と思っていたら 今度は、うれしくて感動の涙
 伴奏してくださった ゆみ先生 ヴァイオリンの先生にお礼
 お二人とも目を潤ませてくださっていました。

念願の優秀賞

努力で手に入れたもの
子OLIVEにとって良い経験になったと思います
『努力って報われるんだね』と コンクール後おちゃしていたとき
賞状をみながらつぶやいておりました
その横で なんとも誇らしげなヴァイオリンくんと弓ちゃん

この夏の出来事は、人生の通過点
まだまだ これから いろいろなことを経験していくんだろうな

知り合いの素敵なヴァイオリン奏者のおねえさんから
「思うように弾けなかった時に、良い結果が出るというのはよくあること。
 きっとそれは子OLIVEちゃんがいい感じに緊張して感覚が研ぎすまされて いた証拠だと思う」とメッセージを頂いた

あの子の周りには、本当に素敵な大人がたくさんいる
こんな人になりたい こんな生き方がすばらしい と思える大人が
身近にいるのは、生きていく希望を 与えてくれる

良い機会 良い経験、たくさんの良い出会い に感謝です

しかし、子OLIVEのはげしい性格 かわんないわ~

子OLIVE | 05:41:58 | Trackback(0) | Comments(4)
ジュゴンを守ろう!ジュゴンのなまえ 大募集!
OLIVE 約1ヶ月ほど会社をお休みし 7月中ごろから会社に復帰しています。
少し体調は戻りましたが、毎日PCの前での作業は、やっぱりきつい
出社したり休んだり・・まーぼちぼちの今日この頃です。

そんなOLIVEをさしおいて 季節はイッキに夏! 
じりじりと強い日差しの毎日 沖縄が恋しくなる~

大家の娘さんも沖縄に行く
ちーむOLIVEのおねえさんたちも ぞくぞく沖縄行きを計画
うらやま

ってことで 沖縄ネタ いきます

8/3 環境省が「ジュゴン」を絶滅危惧にのニュースが・・・
 ■沖縄タイムス 8/4朝刊
   http://www.okinawatimes.co.jp/day/200708041300_02.html

 環境省が絶滅の恐れのある野生生物の「レッドリスト」※を見直して改訂
 したんだけど、
 その改訂の中で、
 沖縄近海に生息するジュゴンを最も高い
 絶滅危惧1A類に分類したんだそうです\(^O^)/

生息地(沖縄県名護市辺野古)では、
米軍普天間飛行場代替施設の建設が計画されていて、
OLIVEも子OLIVEも、その現実に大変胸をいためているのです。
沖縄好きのおねえさんたちと「は・ひ・ふ・へのっこGIRLS」を結成し
辺野古の現実を北陸の人にも知ってもらいたいと活動してました。
#最近はほとんどやってませんが・・・m(..)m

日本政府は、何年も前から
国際的な自然保護団体であるIUCN(国際自然保護連合)から、ジュゴン、ノグチゲラ、ヤンバルクイナに代表される沖縄の固有種、絶滅危惧種と、その生息地を保全するよう、勧告を受けています。
■ICUNジュゴン勧告関連
    http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/dugong/iucn.htm
    http://www.iucn.jp/news/0112.html

しかし、日本政府は対策どころか
ジュゴン生息地の米軍基地建設計画を進めてきていました。

だから
今回の日本政府である環境省が ジュゴンを絶滅危惧1A類に分類した
のは とてもうれしいお話。
でも・・・防衛省はどうするのでしょう
原爆をしかたないといった9まさんのかわりに長になったのは
ソフトなイメージのこいけさん
この人はまえに環境省の頭だったときに
ジュゴンのことをつきつけられて、わけのわからないことを言ってたひと

環境省は、ジュゴンの成体の個体数は五十頭未満と推定。
生息地で計画されている米軍普天間飛行場代替施設の建設について、
「指定も踏まえ、今後の環境影響評価で適切に対応されるものと考えている」
との見方を示した。とのこと。

今後、要注目です。

このほか、
イリオモテヤマネコも1B類から1A類に危険度が上がりました\(^O^)/

ちょうど今、下記のようなキャンペーンやってるので
みなさん どうぞ応募してみてください。

■ジュゴンを守ろう!ジュゴンのなまえ 大募集!

WWFジャパン(財団法人世界自然保護基金ジャパン)とジュゴン保護団体「じゅごんの里」
は共催で、辺野古・大浦湾に姿を見せる1頭の尾びれにキズのあるジュゴンの
名前を募集するキャンペーンを開始。
キャンペーンの展開を通じて、ジュゴンの置かれている状況、特に米軍基地建
設問題についてより多くの人に関心を持ってもらうことを期待している。
応募締め切りは2007年10月15日(当日消印有効)、WWFジャパンで応募を受け付けている。

詳しくはWWFホームページ:http://www.wwf.or.jp/dugong/

 「レッドリスト(red list)」ってわかります?
  絶滅のおそれのある野生生物(動植物)のリストで、
  通常、種または亜種、変種の水準で記載され、絶滅の危険性の高さに
  よるカテゴリー分けがなされています。
  国際的な自然保護団体であるIUCN(国際自然保護連合)版、
  環境省版、地方自治体版、学術団体版があります。
  今回は、日本政府の環境省版が改訂されたということです。


↓↓↓ めずらしいかわいい画像・動画です みてみてね

■沖縄 ジュゴンのカップル QAB琉球朝日放送
  http://www.qab.co.jp/01nw/07-07-10/index8.html
■沖縄 ジュゴン と うみがめ
  http://www11.plala.or.jp/sedake-dugong/dugong.html
  http://www.news24.jp/77273.html






おきなわ | 16:59:30 | Trackback(0) | Comments(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。