■プロフィール

OLIVE

Author:OLIVE
沖縄と音楽と平和をこよなく愛するOLIVE。 
何気ない毎日に小さな幸せを感じます。
幸せって
人と人が繋がって生きていく 
その中に感じるものかも・・・
日々感じたことなどを時々かいてます。

■□■□■□■□■□■□■□■
主に、子育て中のかあさんたちの
悩みを共に考えていくサポータの
活動をしています。
お話をお聴きしたり、体をリラッ
クスさせるためのケアが中心。
必要な場合は、子育て勉強会も
行っています。
ボランティア(カンパ制)活動で
すので出来る範囲での対応となり
ます。            
※子育て以外の悩みもOK
※子育て中の親以外もOK
□■□■□■□■□■□■□■□
OLIVEプロフィール
「子育ては、一番のPEACE活動」がモットー。
IT関係の会社勤めの傍ら、PEACE・環境・人権関連の活動に関わりながら
主として子どもに関係する活動を行う。
H12年度より、学童保育の地域連絡協議会の活動に加わり、
H16年度会長17年度18年度相談役を努め、連協運営以外に指導員及び保護者から数々の相談を個人的に受ける。
心理学性格学等やボディケアの必要性を感じ、カウンセリング資格を取得。
ボディーサイコサラピーやボディケアのスタディを継続中。
子育て中の親の心のサポータ活動に力を入れています。
日々お話を聴かせて頂くことで、
自分自身の気付きや学びにもなり感謝の毎日です。 
  
資格:
 産業カウンセラー
学び:
・ウィリアム・ライヒの弟子
 アレクサンダー・ローエン
 (医学博士)が創始した
 『バイオエナジェティックス』
 というボディーサイコセラピー
 の勉学に励む。
・子育て関連全般
  講演会、書物
  特に、子どもの権利条約、
  ジェンダー関係に興味を持つ
・鍼灸マッサージ、気功整体

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
共生
しばらく記事UPしなくてごめんです
心配してくださったみなさんからメールを頂きました 
みてくださってるんだなー 気にかけてもらってるんだ
と思うと とってもうれしかくて ほろっとしました
本当に ありがとう!

配置換えの職場 ようやく一ヶ月
上司達は、眼の疲れないところを と配慮してくださった(はず)
ところなんだけど
私の眼には とてもきつくて
会社で一日PCの前にいるのと
くたくたになっちゃって、家でPCなんてみるのもいや
どころか 
家に帰って そのままお布団直行~ってな日も多くて
子OLIVE 自分でごはん作ったり 洗濯したり
おしゃべりもできなくて 寂しい思いをしているようです
私の隣にお布団もってきて ここ数週間 自発的に横で
寝てくれてます(ラッキー)

OLIVEの眼 3才の時右眼がほとんど視力がないことがわかってから
斜視の手術 視力を上げる手術(あがらんかったけど)
網膜剥離の手術2回 交通事故の怪我で視野欠損 
濃紺判別が難しかったり 瞳孔収縮障害術 等 
ちょびちょびといっぱいあって
もともと 障害者の申請が出来たくらいだったみたいですが

時々不自由ではあるけど
まー普通に生活できるので こんなもんと思ってって
今まで生きてきた中で
それほど気にしたことは無かったんだよね

と思っていたけど
ここ数年、そうではなかったことを思い出してきた

昔、右と左で違う色のセロファンをはった
めがねみたいなものをして
テレビでみたら 画像が飛び出てくる ってのがあって
たしか オズの魔法使いって番組
学校で みんながわいわい言っていて
自分もやってみたけど 何にも飛び出てこない
なんか いやだったよなー

平衡感覚がいまいちなので 平均台あるけんかった
とんでくるボールもよくわかんない

今でも
数年に一回 眼の屈折でお遊びするものに遭遇する
ディズニーランドでも 長く列ついて面白くない映像をみる
ちょっと ふん てな気持ちにもなる
子OLIVEの小学校のバザーでやったプラネタリウムのなかでも
子どもたち うれしそうだった それはうれしいけど
自分は やっぱり ふん ってかんじ

たいして気にしてないけど・・・
といいながら 面白くはない

まーでも 毎日じゃないから
たまにそんな気になるのは 
やっぱりたいしたことじゃあない

ちょっとだけ努力したら
みんなと一緒のことができる 
子どもの頃から
無意識で頑張りすぎてきたんだよなー
ちゃっちゃといろんな事ができない
でもじっくり一つのことを丁寧にやることは
得意だった らしい(母から子どものころのこと最近聞いた)
母は、ちゃっちゃとなんでもできちゃうひとなので
きっといらいらしたんだろうね
そういえば「おそいことは誰でも出来る!」なんて
怒られたことあったな

人よりなんでも時間がかかることは自分でも知っているし
今は、情報の保護で会社から仕事関係のものを持ち出すのが
とても制限されるようになったのでできないけど
この会社、いやその前の会社でも
家に持って帰って よくやっていたっけー
”えらかったんだ わたし

”自分のペース”で 生きればいいんだ
と 自分に言いきかすけど ほんとそうだと思う けど 
現実の社会では 厳しいよなー

それを許すというか 包み込む社会の余裕が
なくなってるいもんね 今の日本

いろいろな経緯があって
障害者の申請をすることにしました。

もっと早くにすればよかったのかもしれないけど
必要に感じなかったし まー今が必要時なのかもね

アムネスティの活動をやっているM田さんというおじさまの
知り合いがいますが
最近は、多文化共生 に力を入れて取り組まれています
日本に住む多国籍の人々と共に我々はどうやっていきるか
ということ を みんなで一緒にかんがえましょう というものです

おなじなんだよな
障害というくくり 国籍 文化 というくくり
人か人じゃないかのくくり 

壁 といったほうがいいのかな
壁なんてないのに 壁を作るのは 人の心

弱者になって(を認めて)
『共生』 共に生きる 
ってどういうことかを 身をもって感じる今日この頃!

私の役目 ってことか~ 


スポンサーサイト
わたしのこと | 11:36:10 | Trackback(0) | Comments(10)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。