■プロフィール

OLIVE

Author:OLIVE
沖縄と音楽と平和をこよなく愛するOLIVE。 
何気ない毎日に小さな幸せを感じます。
幸せって
人と人が繋がって生きていく 
その中に感じるものかも・・・
日々感じたことなどを時々かいてます。

■□■□■□■□■□■□■□■
主に、子育て中のかあさんたちの
悩みを共に考えていくサポータの
活動をしています。
お話をお聴きしたり、体をリラッ
クスさせるためのケアが中心。
必要な場合は、子育て勉強会も
行っています。
ボランティア(カンパ制)活動で
すので出来る範囲での対応となり
ます。            
※子育て以外の悩みもOK
※子育て中の親以外もOK
□■□■□■□■□■□■□■□
OLIVEプロフィール
「子育ては、一番のPEACE活動」がモットー。
IT関係の会社勤めの傍ら、PEACE・環境・人権関連の活動に関わりながら
主として子どもに関係する活動を行う。
H12年度より、学童保育の地域連絡協議会の活動に加わり、
H16年度会長17年度18年度相談役を努め、連協運営以外に指導員及び保護者から数々の相談を個人的に受ける。
心理学性格学等やボディケアの必要性を感じ、カウンセリング資格を取得。
ボディーサイコサラピーやボディケアのスタディを継続中。
子育て中の親の心のサポータ活動に力を入れています。
日々お話を聴かせて頂くことで、
自分自身の気付きや学びにもなり感謝の毎日です。 
  
資格:
 産業カウンセラー
学び:
・ウィリアム・ライヒの弟子
 アレクサンダー・ローエン
 (医学博士)が創始した
 『バイオエナジェティックス』
 というボディーサイコセラピー
 の勉学に励む。
・子育て関連全般
  講演会、書物
  特に、子どもの権利条約、
  ジェンダー関係に興味を持つ
・鍼灸マッサージ、気功整体

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
人権学習 in H中学
友人のmizuhoさんが取材した白山市のH中学の人権学習
明日(もう今日だけど)放映されます。

★訂正
 前編後編に分かれることになり、今週・次週と二週続けて
 放映されることになりました。




みなさん 良かったら 観てください!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  1月9日(水)・1月16日(水) 午後6:30分過ぎくらい
  MRO 夕方のニュース番組の中の
  「わいわいキッズ」というコーナー
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

すでにご存知の方いらっしゃいますが
OLIVEは 昨年12月 
H中学で 人権学習の講演会をする機会を頂きました。

2007年中学人権作文コンテスト 石川県大会で
国語の苦手なわが娘子OLIVEが、最優秀賞の中の4編に選ばれたこと
がきっかけで、中学校の先生をされているYさんが持ってきてくださったお話でした。

 ※その時のことを ご自分のブログにUPしてくださっています。
  ↓ ↓ ↓
   「一人一人の輝き」
   http://koshinene.blog59.fc2.com/blog-entry-110.html

学習の内容は、
中学生の生徒たちは、子OLIVEの作文を事前に読み
その後私がお話させてもらう というものでした。

お話を頂いたとき 一瞬何のことかわからず 
ぽかーんと 口があいていたと思います

講演なんて初めてだし、人権ということを仕事にしているわけでもないし
もっとふさわしい先生はいるはず・・・
ひぇーー私でよいのか~ 本当に良いのか
わたしゃ先生なんてやったことないしさ と 何度も思いましたあ
はじめてのことって 不安だし 自分にそんなすごいことできるなんて
思えなかったし・・・・
でも、私が信頼している由美子さんの依頼だ
いいかげんな中途半端な気持ちでテキトーに話を持ってくる人ではない
由美子さんの、自分がその依頼先になっているのは信じられないけど
これもなにかのご縁 
いままでも 自分にできないと思ったこといっぱいあった
不安に思いながらだったけど やったこと、結局できないことじゃなかった
町内会の総会計 時間のやりくりたいへんやったあ~
学童保育の連絡協議会の会長なんか きつかったけど たくさん学べた
一昨年前の虹の祭りの会計 どうなることかと思ったけどやりきった

不安は不安でとりあえずおいておくことにして
由美子さんの目を信じることにした
三週間、どんな学習の時間にするか・・・悩んで迷って
何度か由美子さんともお話させてもらった
取材に入るといってくださっていたmizuhoさんも
その話の中に加わってくださった時間もあって
人権という とっても硬い 難しい言葉じゃなく
人として生きていくこと こどもと向き合っていくこと など
を話していく中でだんだん 固まっていった

私が娘に伝えてきたこと
うーん伝えてきただけじゃないな
娘と一緒に学んできたこと 
そしてこれからも伝え学び続けたいことを
一人でも二人でも良いから
娘と同じ年代の子どもたちと一緒に考えあう時間をもつことができたら
どんなにうれしいだろう と だんだん 思えるようになって
準備にも力が入っていきました

まーそれでも 不安と言うものは なかなか 手ごわくって
前日は、フェアートレードショップ alさんへ行って
話す内容の視覚的なネタになりそうなものを物色したり・・・
偶然 人権の講演をよくされている マイミクのmilkyさん と
一緒に来ていた自転車図書館の館長土居さんにもお会いできて
励ましてもらったり
アムネスティの活動をしているお友達のおじさま M田さんに
時間とってもらって 話す内容を聞いてもらったり
直前まで結構じたばたしてました

12/14 一年生 12/17 三年生 12/21 二年生
それぞれ学年別に学習させていただきました

「人権って?」という質問をまず投げ・・
うちでは、子OLIVE相手に 質問や 子OLIVEの考えや気持ちを
聞き出すことは よくやっていることで・・・

親というものは、自分の考えをあーだこうだと
何度もうるさく子どもに押し付けるもので、
子どもの考えていることをあんまりきかないもの
私ももちろん例外じゃない よくやってしまう
でも、子どもって 大人が思っているよりはるかにハイレベルのことを
考えたり 感じる力をもっている
だから よくやってしまう自分を戒めるためにも
時々自分をみつめて ありゃりゃ いかん 
子OLIVEの考えは? 気持ちは?
と 自分の子どもとの接し方を振り返りながら 質問するのです

子OLIVEの作文でも 私とのやりとりがかかれていた
「人権てなんやと思う」 という私の問に
「普通の人と同じような生活を普通じゃない人も送ること」と彼女は答えた
作文には書かれていないけど
その答えの前に 障害者の人とか・・・という言葉があった
私は、その答えに??? と思ったので きいてみた
普通の人って なんや? 障害のある人は普通じゃないってこと?
その時、子OLIVEは 何にも言わなかった じーっと下を見ていた
私は、それ以上何も答えなかった子OLIVEには なにも言わなかった
その後 特にそのことについて話し合うことも無く私は何も思わず
時が過ぎていった
ある日
作文に この私達の会話をのせたこと がわかって
子OLIVEが自分自身をせめていたこと も 知り
なんとも かわいそうなことをしたな と いとおしくなり 
また かなり深い部分で感じる心をもってくれている ことを うれしく
思ったりもしました
そのときにようやく 彼女の気持ちも受け止めながらいろんな話も
できました

(作文は、Yさんのブログ または、
 石川県人権啓発活動ネットワーク協議会のHP で読むことが出来ます)

普段 私達の生活でよくつかってしまう「普通」
中学生の子OLIVEも何気なくつかったこの「普通」の意味
このことをH中学の子ども達と一緒に考えたい と思い
「人権とは?」を考えてもらった後に
「普通」「普通じゃない」ってどんなときに思う? の質問を
ぶつけることにしました
いろんな意見をいってくれました
この学校の子ども達は、ほんとうに素直な子が多くて
一生懸命に答えようとしてくれる 
もう とってもかわいくてしかたなかったですよ

私も良く使います この「普通」
ほとんどが 自分の立ち位置があるほうが「普通」にクルーピングされ
多数派が普通に位置付けられることが多い
それが悪いわけじゃない
自分のいる「普通」から「普通じゃない」をみたときに
蔑んだり、哀れんだり、ばかにしたり、のけものにしたり、きったり
そういった良くない感情が含まれているとき壁ができ
攻撃したり、相手に不快な思いをさせてしまうことがある。
このことに 気づけたらいいなと 思っていました。
だれもが 普通であって、だれもが普通じゃなくなる 
普通の定義のあいまいさに 子ども達は、みな気づいていました

普通とそうじゃないじゃなくて
一人一人 皆違っているわけで
その違いは、
その人とちゃんと向き合って理解していくもの

人はどんなことを考えても良いし、他の人と違ってもいい
そんな自由がある
でも ほかのひとのやってもいいことをじゃましたり
のけものにしたり心身にわるいことはやっちゃいけない

一人一人がみんな同じ権利をもっている

その子その子の準備の段階にあった理解が
そこにはありました(後で頂いた感想をよんでそう思いました)

法務省が定義する人権を紹介し、
みんなが同じように持つ権利は
日本国憲法でも保障されていること、世界人権宣言 子どもの権利条約など
日本だけでなく世界中できちんと決められて守られている
ということも紹介させてもらいました

「人権」 こんな難しい テーマの話
みんなねちゃうかもな と覚悟してました でも
どの子の眼も みんなこっちを真剣に見てくれていた
(というか そんなにはっきりは見えないので 感覚ですよ
 こっちを見ている気が感じられた ということです)

必死でやったけど それぞれの学年で 私なりに
いろんな反省がありました
上手にお話することも、文章にあらわすことも苦手な私
ちゃんと私の思い伝えられたかちょっと心配だったりしたけど
子ども達の感想を後で読ませてもらって 本当に感動しました。

私のつたない話の中から、
きちんと、生活の中で自分が大事にされ生きていくこと、
周りの人を大事に思っていくことをちゃんと感じ取り
それぞれの子どもたちがそのことを一生懸命考えて
自分なりに気づいたことがその感想の中にいっぱいかかれてありました。

自分も守られ、自分以外の人も守られている
お互い守り育てていく・・・そう感じることができたこの子たち
どうぞ その純粋な心そのままで 大人になってほしいと思いました。

この三日間を終え、明るい未来を感じることができました。
本当に良い機会を与えてもらって Yさん 有難う!

私は 私のやりたいことの一つができたような気がします。

よかったら、明日(もう今日だけど)夕方のMRO 観てやってください。

スポンサーサイト
わたしのこと | 01:32:23 | Trackback(0) | Comments(5)
道は自分できりひっらくもの
今日 とってもとっても確信できた!

私は この道を進んでいくってこと

今年は分岐点だったんだ

10年以上前からやりたかったこと
もっと先でないとやれないと思っていた

私の前に、道がついた
 
二ヶ月前くらいに
  ようやく けもの道をみつけ

一ヶ月前くらいに
  細いくねくねした道にかわって
  でも、先がいまいち見えないので
  不安もあったけど、歩く決心をした

今日
  太くまっすぐな一本の道になった

自分が決めさえすれば実現する
必要なときに必要なものがやってくる[m:30]

本当に そうなんだ~ すごい すごい[m:241]

まーまだ 道ができただけなので
この道を私はしっかり歩みたいと思う

わたしのこと | 16:17:37 | Trackback(0) | Comments(2)
「自分の人生の主役は自分じゃなきゃ」

「天国からのメッセージ」
私もついついやってしまいました。

   http://www.uremon.com/heaven/

未来の天国にいる自分からメッセージが届くというもの

ひょえー90歳 まで生きるみたい

それから
私が今楽しんで生きていること知っているようだ

「自分の人生の主役は自分じゃなきゃ」
うん その通り♪

■未来の天国にいる自分からメッセージ■

2007年のわたしへ。

元気ですか?
2007年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
わたしは90歳で、つまり西暦2053年に、残念な事故に巻き込まれて生涯を
終えます。
振り返ってみると、自分でも素晴らしい人生だったと胸をはって言えます。
だたひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事が
あります。それは 2017年の冬でした、わたしはちょっとした偶然が重なって、あるイベントで国際大会に出場することになります。
その事が後の人生を大きく左右することになります。
メモしておいてください。

最後にひと言、90年間生きてみて思ったのは
「自分の人生の主役は自分じゃなきゃ」ってこと。

それでは、またいつか。
これから先の人生も精一杯たのしんでください。

                  ○ ○○○ - 2053年の天国にて




わたしのこと | 11:28:55 | Trackback(0) | Comments(2)
共生
しばらく記事UPしなくてごめんです
心配してくださったみなさんからメールを頂きました 
みてくださってるんだなー 気にかけてもらってるんだ
と思うと とってもうれしかくて ほろっとしました
本当に ありがとう!

配置換えの職場 ようやく一ヶ月
上司達は、眼の疲れないところを と配慮してくださった(はず)
ところなんだけど
私の眼には とてもきつくて
会社で一日PCの前にいるのと
くたくたになっちゃって、家でPCなんてみるのもいや
どころか 
家に帰って そのままお布団直行~ってな日も多くて
子OLIVE 自分でごはん作ったり 洗濯したり
おしゃべりもできなくて 寂しい思いをしているようです
私の隣にお布団もってきて ここ数週間 自発的に横で
寝てくれてます(ラッキー)

OLIVEの眼 3才の時右眼がほとんど視力がないことがわかってから
斜視の手術 視力を上げる手術(あがらんかったけど)
網膜剥離の手術2回 交通事故の怪我で視野欠損 
濃紺判別が難しかったり 瞳孔収縮障害術 等 
ちょびちょびといっぱいあって
もともと 障害者の申請が出来たくらいだったみたいですが

時々不自由ではあるけど
まー普通に生活できるので こんなもんと思ってって
今まで生きてきた中で
それほど気にしたことは無かったんだよね

と思っていたけど
ここ数年、そうではなかったことを思い出してきた

昔、右と左で違う色のセロファンをはった
めがねみたいなものをして
テレビでみたら 画像が飛び出てくる ってのがあって
たしか オズの魔法使いって番組
学校で みんながわいわい言っていて
自分もやってみたけど 何にも飛び出てこない
なんか いやだったよなー

平衡感覚がいまいちなので 平均台あるけんかった
とんでくるボールもよくわかんない

今でも
数年に一回 眼の屈折でお遊びするものに遭遇する
ディズニーランドでも 長く列ついて面白くない映像をみる
ちょっと ふん てな気持ちにもなる
子OLIVEの小学校のバザーでやったプラネタリウムのなかでも
子どもたち うれしそうだった それはうれしいけど
自分は やっぱり ふん ってかんじ

たいして気にしてないけど・・・
といいながら 面白くはない

まーでも 毎日じゃないから
たまにそんな気になるのは 
やっぱりたいしたことじゃあない

ちょっとだけ努力したら
みんなと一緒のことができる 
子どもの頃から
無意識で頑張りすぎてきたんだよなー
ちゃっちゃといろんな事ができない
でもじっくり一つのことを丁寧にやることは
得意だった らしい(母から子どものころのこと最近聞いた)
母は、ちゃっちゃとなんでもできちゃうひとなので
きっといらいらしたんだろうね
そういえば「おそいことは誰でも出来る!」なんて
怒られたことあったな

人よりなんでも時間がかかることは自分でも知っているし
今は、情報の保護で会社から仕事関係のものを持ち出すのが
とても制限されるようになったのでできないけど
この会社、いやその前の会社でも
家に持って帰って よくやっていたっけー
”えらかったんだ わたし

”自分のペース”で 生きればいいんだ
と 自分に言いきかすけど ほんとそうだと思う けど 
現実の社会では 厳しいよなー

それを許すというか 包み込む社会の余裕が
なくなってるいもんね 今の日本

いろいろな経緯があって
障害者の申請をすることにしました。

もっと早くにすればよかったのかもしれないけど
必要に感じなかったし まー今が必要時なのかもね

アムネスティの活動をやっているM田さんというおじさまの
知り合いがいますが
最近は、多文化共生 に力を入れて取り組まれています
日本に住む多国籍の人々と共に我々はどうやっていきるか
ということ を みんなで一緒にかんがえましょう というものです

おなじなんだよな
障害というくくり 国籍 文化 というくくり
人か人じゃないかのくくり 

壁 といったほうがいいのかな
壁なんてないのに 壁を作るのは 人の心

弱者になって(を認めて)
『共生』 共に生きる 
ってどういうことかを 身をもって感じる今日この頃!

私の役目 ってことか~ 


わたしのこと | 11:36:10 | Trackback(0) | Comments(10)
なんにもしたくない
OLIVE
最近 何もしたくなくってとっても困っていた

そうじ
 やりたくない(いつもだけど)
食事の準備 後片付け
 うー お流しに立ちたくなーい
洗濯
 干すのじゃまくさーい
会社
 いきたくなーい
メールのお返事
 なんて書こうか考えるのもいや

でも どれも最小限やってはいるんだけど
いやでいやでしかたない

ちょっと話はずれるけど
子OLIVE 調子が悪くて学校をお休みすると言い出した
どしたんだろう? こんなことはめったにない
熱があっても学校へ行くとあばれるのに・
一番仲の良いAちゃんが元気が無いからかな などと思ったり

ぜんぜんおきられない みたいなので心配になる
とりあえず、ねむくしかたないようで寝かせておいた

午後
ご飯を食べさせて、
いろいろ体に手を当ててみると 
肝臓と胃がかなり疲れていた(私と一緒 いいとこは似ないもんだ)
お灸をすすめるけどいやだというので、あきらめて
ゆっくり手をあててみる ちょっと楽になったらしい
きもちよくなって、また子OLIVEは寝てしまった
いつのまにか私も横でずーっと寝てしまった

めが覚めたのが 夕方 びっくり
いったい何時間寝たんだろう

なんだか なんだか とてもすっきりした

今日の夕飯の準備は、
ぜんぜんいやじゃなかった
なにかするのも 億劫じゃないよ あれっってかんじ

とっても疲れていたんだ 私
ってことに気がついた

なんにもしたくない のは
疲れていたせいだ

整体の楽縁堂さんも 5/2からご無沙汰だったし

GW明けから
同じ事業部の違うグループに異動してきた

昨年暮れから、
眼の障害のことを上司に相談していて
眼に負担が少ない仕事がないかとお願いしてきていた
IT関係の会社にそんなところがほとんどないことは百も承知
なんとか、上司が見つけてくれたのが
GW明けからの今の仕事!

職場の雰囲気も悪くないし
引継ぎをしてくれているMさんもすてきな人だ
新しい上司も うちの会社の中ではたいへん質の良いほうだと思う

なんだかんだいって 私は良いくじをひいている と言ってもらって
きっとそうなんだろうけど

引継ぎが進むにつれて
自分の身体的な制限と求められている仕事の間の
ギャップがみえてきて
ひとり立ちするとき の不安が大きくなってきた
またここでも 
「できません」を言わないといけないのかな
ムリしすぎて 体をこきつかっちゃうかも・・
ここの会社では、
自分を酷使せず、活き活き仕事ができるとこは やっぱりないのかな

と 気が重くなってくる

いっそ やめちゃおうかと
また 会社をやめたい衝動にもかられる

そんなんだから
この10日ほど、きっと疲れが溜まってた
子OLIVEのおかげで 
気がついていなかった疲れを ゆっくり癒すことができた

今年の目標 「自分の体の声をきく」
とっても苦手なこと でも 気をつけるようにしている
今回のきっかけは やっぱり子OLIVE
いつもありがとうだね
この子は ほんとうに私の天使

整体の「楽縁堂」さん
2週間に一度くらい 通っている。
OLIVEには、相性が良い整体師さんです。
ずいぶん体がしなやかになってきた。
まだまだ 通って もっと整えたい!

気功も
毎日やろうとしている(まだまだサボり魔)
カウンセラーのなおちゃんが
OLIVEには「気功」がぴったりだと言ってくれた。
どうもガイドさん(というらしい)たちが 
「それがいい」と言ってるんだそうだ。
片野先生の気功治療はすごいもんね! まなばなくっちゃ です。

今月:毎日、気功ひとつだけでもやろう
来月:もういっこ気功を覚えて、毎日2こやろう
再来月:さらにもう一個おもえよう 毎日3こやろう 
書いたらできそうな気がしてきた


わたしのこと | 23:36:28 | Trackback(0) | Comments(6)
びっくり☆★・・・でも
昨日ようやく通知が来た!!

実は OLIVE
1月に産業カウンセラーの試験を受けたのです
届いたのは。。。

続きを読む >>
わたしのこと | 18:51:06 | Trackback(0) | Comments(5)
休暇表事件
前に★車がなくなったあ!!★で、どれだけOLIVEがぼーっと生きているか 書きました。
この記事 結構反響あって

続きを読む >>
わたしのこと | 19:08:31 | Trackback(0) | Comments(4)
★車がなくなったあ!!★
朝、出かけようとマンションの駐車場に行ったら
車が ない ない ないーーーー!!!!!

えー とられた? 
”ぼーーっ”としてたOLIVE 一瞬で目が覚めた! 

#ちなみに


続きを読む >>
わたしのこと | 12:07:47 | Trackback(0) | Comments(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。