■プロフィール

OLIVE

Author:OLIVE
沖縄と音楽と平和をこよなく愛するOLIVE。 
何気ない毎日に小さな幸せを感じます。
幸せって
人と人が繋がって生きていく 
その中に感じるものかも・・・
日々感じたことなどを時々かいてます。

■□■□■□■□■□■□■□■
主に、子育て中のかあさんたちの
悩みを共に考えていくサポータの
活動をしています。
お話をお聴きしたり、体をリラッ
クスさせるためのケアが中心。
必要な場合は、子育て勉強会も
行っています。
ボランティア(カンパ制)活動で
すので出来る範囲での対応となり
ます。            
※子育て以外の悩みもOK
※子育て中の親以外もOK
□■□■□■□■□■□■□■□
OLIVEプロフィール
「子育ては、一番のPEACE活動」がモットー。
IT関係の会社勤めの傍ら、PEACE・環境・人権関連の活動に関わりながら
主として子どもに関係する活動を行う。
H12年度より、学童保育の地域連絡協議会の活動に加わり、
H16年度会長17年度18年度相談役を努め、連協運営以外に指導員及び保護者から数々の相談を個人的に受ける。
心理学性格学等やボディケアの必要性を感じ、カウンセリング資格を取得。
ボディーサイコサラピーやボディケアのスタディを継続中。
子育て中の親の心のサポータ活動に力を入れています。
日々お話を聴かせて頂くことで、
自分自身の気付きや学びにもなり感謝の毎日です。 
  
資格:
 産業カウンセラー
学び:
・ウィリアム・ライヒの弟子
 アレクサンダー・ローエン
 (医学博士)が創始した
 『バイオエナジェティックス』
 というボディーサイコセラピー
 の勉学に励む。
・子育て関連全般
  講演会、書物
  特に、子どもの権利条約、
  ジェンダー関係に興味を持つ
・鍼灸マッサージ、気功整体

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
☆星空伝説004
11月といえば、しし座流星群

子OLIVEが小学生のときに一晩中観測した年がありました。
あの頃のように 
降って来るような流星はみれませんし、
OLIVEの眼では 流星は確認できないわけですが
この時期になるとドキドキします。

しし座流星群 今年は 1月17日、極大を迎えます。

星のことを考えていると・・・
久しぶりに、星空伝説アップしてみたくなりました・・・・


星空神話

【金色に輝く牡羊】

 ギリシャ神話では、黄金の毛を持つ空を飛ぶ羊として描かれています。

 ギリシャ東岸のテッサリアの王アタマスには、前妻の子が二人(兄プリクソス、
妹へレー)おりました。後妻のイーノには、それが疎ましくて仕方ありません。
何とか自然に前妻の子供たちを殺してしまえないものかどうかを考えていました。

 ある年、テッサリアは大凶作に見まわれました。イーノは絶好の機会だと思い
「プリクソスとヘレーをゼウスのいけにえに捧げなければ、不作は続く」と神の
お告げがあったと言いふらしました。その話を聞いた農民たちは王宮に押しかけ、
二人をいけにえに捧げるよう王に強く迫ったのです。

 国を追われていた前妻のネフェレーは、二人の子供が継母イーノに殺されそう
になっているのを耳にし、一心にゼウスに祈りました。
「どうか、子供たちをお守り下さい。」
必死に祈るネフェレーをかわいそうに思った大神ゼウスは、伝令神ヘルメスに命
じて、金色に輝く牡羊を兄妹のところに送らせました。

 牡羊はありったけの速度でテッサリアに向かい、二人を背に乗せるとたちまち
大空に舞い上がって、黒海の岸辺コルキスを目指し矢のような速さで飛んでいき
ました。

 あまりにも早かったので、妹のヘレーは目が眩み、途中で眼下の海に落ち、命
を落としてしまいましたが、プリクソスはコルキスで国王から親切な歓待を受け、
幸せな人生を送りました。

 その後、大神ゼウスは、金色に輝くこの羊を夜空に上げ、黄道第1番目の星座
としたのです。

※この海はへレスポントス(ヘレーの海)と命名されました。
 現在のマルマラ海(ボスポラス海峡とダーダネルス海峡に挟まれた
 アジアとヨーロッパの境にある内海)のことです。


スポンサーサイト
| 15:27:59 | Trackback(0) | Comments(0)
☆星空神話003
ずいぶん久しぶりに 星空神話 UPします

OLIVE&子OLIVE 星が大好きです
最近のOLIVE 眼の具合がいまいちなので
もうほとんど星座をおえなくなっていますが
星空 や 星座にまつわるお話 すき



星空神話

こいぬ座
 「こいぬ座」という言葉の響きはかわいらしいのですが、残念ながら良い話は
伝わっていないようです。

 農芸の神アクスタイオスの子アクタイオンは、太陽神アポロンの孫にあたります。
半人半馬のケイローン(いて座)に育てられ、狩りの名人になりました。
 ある日、50匹の犬を連れて鹿狩りに出かけたとき、道に迷い、泉でひと休みして
いる女神アルテミスを見てしまいました。
 犬の声に気付いたニンフたちは、あわてて女神の体を隠しますが、アルテミスは、
恥ずかしさのあまり、「無礼者!」と呪いの言葉とともに、アクタイオンの顔に、
ひとすくいの水をかけました。
 すると、どうでしょう。からだ中に毛が生え始め、枝角も延びて、アクタイオンは
見る見るうちに鹿の姿に変わっていきました。
 突然現れた鹿の姿に50匹の犬たちは、それが変わり果てた主人とも知らず
次々に襲いかかり、バラバラに噛み裂き、食い殺してしまいました。

 のちに、50匹の猛犬の中の一匹、メランポスが空に上げられ「こいぬ座」に
なったと伝えられています。  

************

プロキオンとは「犬の前」という意味。
星座絵には、狩人オリオンが連れる猟犬として、おおいぬ座、こいぬ座が
描かれています。
 古代エジプトでは、シリウスはナイル川の氾濫の季節を教えてくれる星とされ
てきましたが、プロキオンは、そのシリウスに先立って昇ってくるため「犬の前」
という名称が与えられ、まもなくシリウスが昇ってくるという「前触れ」とされ
ていたようです。
 プロキオンは地球から11光年という近距離にある恒星で、シリウスとともに
空間的にもお互いに近くにある恒星です。
 私たちの太陽より明るく輝く星で、シリウスに比べると小ぶりの、極めて普通
の星ですが、シリウス同様、白色わい星を同伴していることが知られています。

 プロキオン(こいぬ座)-ベテルギウス(オリオン座)-シリウス(おおいぬ
座)と3つの一等星を結ぶと、冬の天の川に浮かぶ、巨大な三角形が出来上がります。
これが『冬の大三角』と呼ばれるものです。

 さらに、プロキオン(こいぬ座)-シリウス(おおいぬ座)-リゲル(オリオン座)-
アルデバラン(おうし座)-カペラ(ぎょしゃ座)-ポルックス(ふたご座)と6つの一等星を
結ぶと、冬の夜空いっぱいに巨大な六角形が出来上がります。
これが『冬の六角形』と呼ばれるものです。

| 03:16:45 | Trackback(0) | Comments(2)
☆星空神話 002
OLIVEはもともと右眼がほとんどみえません
よく見えていた左眼
15年程前(だったかな?)の交通事故で視野欠損の障害が残ってしまいました。
星も光度の低いものはよくみえません。
以前見えていた星座でみえなくなったものたくさんあります。
でも、やっぱり星は大好き
夜空を見上げると、そのままひっぱられるような・・・
そんな感じがする時たまーにあります

星座神話

ケンタウルス族の賢人ケイローン

乱暴で野蛮な半人半馬のケンタウルス族の中にもフォーロー(ケンタウルス座)
や、ケイローン(いて座)など良識があり善良で、人々と仲良く暮らす人たちも
いました。
ケイローンは、

続きを読む >>
| 05:20:00 | Trackback(0) | Comments(0)
☆星空神話 001
OLIVEも子OLIVEも星が大好きです
あっ 月も好きです 空も好き 太陽も 
みんなすきなんだけど 今日はお星様のお話

星空神話

ゼウスとレダ
 はくちょう座は
大神ゼウスが、湖畔で水浴をしていたスパルタ王の后レダを
見そめ、白鳥に化けて会いに行った姿が星座になったものです。

 レダは、2つの卵を産みます。しかし、白鳥の卵ではなく、その
 うちの一つの卵から2人の男の子が生まれました。
 兄はカストル、弟はポルックスと名付けられ、ギリシャを代表する
 英雄に育ちました。
 そうです。彼らは、ふたご座になっている二人です。

 そして、もう一つの卵からは美女ヘレンが生まれ、
後に、トロイ戦争の原因となったのです。

************
ずーっと雨続きで星を見上げられる日がっすくなかったです。
今は、夏の第三角形が夜空に輝いています。
(白鳥座のデネブと琴座のベガ、わし座のアルタイルの3つの一等星を結んで夏の天の川の中にできる三角形のこと)
ちょっと夜空をみあげてみませんか?



| 01:01:59 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。